カラー

“山の日”は赤ワイン片手にジビエ料理を楽しみます

投稿日 2019年08月06日

逆さ富士

 

8月11日は“山の日山です。山の日は、「山に親しむ機会を得て山の恩恵に感謝する」ということで祝日になりましたが、実のところは「“海の日”の祝日があるのに、なんで“山の日”はないのか」という、分かりやすい単純な理由で制定する動きが生まれたようです。“海の日海は1995年に祝日として施行されたましたが“山の日山は、2016年8月11日からです。すごく新しい祝日ですね。

 

山の日を制定したのは日本の議員連盟「山の日制定議員連盟」というところで、その連盟の目指すものは『山の日を国民の祝日日本の国旗にしよう。』というものでした。はじめに採用されたのは8月12日でしたが、日本史上最多の死者数を出した航空事故飛行機、日本航空123便墜落事故が起こった日も8月12日でした。「悲惨な事故があった日をあえて祝日にするのか」と、反対意見が出ていたのでそれを受け止め、8月11日になりました。

 

お盆前の祝日なので、今年のように“山の日”が日曜日で、翌日12日が振替休日になり、そのまま13日~16日までお盆休みに突入すれば、17、18が土日なので、8日間の長い夏季休暇虫取り少年になります。

なぜこの時期が選ばれたのかというと、
• 夏山シーズンであること
• お盆近くで企業活動のへの影響が比較的小さい事
があげられるそうです。それまで一年の中で6月と8月だけ祝日がなかったことも、祝日を制定しようとする動きの一因になりました。

 

実は私は山登りの趣味は全くありません。それどころか、高いヒールの靴ピンクのハイヒールを履いて山を登るような“山音痴”です。

 

7~8年ほど前だったでしょうか、家族と夕日ケ浦温泉温泉マークへ旅行に行った時に、1泊して旅館をチェックアウトし、「さあ、今からどこ行こう?」と調べると、車で1時間半ほどで、当時話題になっていた“竹田城跡日本のお城に行けると分かったので、行ってみました。すると「竹田城跡に行かれる方の駐車場はこちら」という看板のある駐車場で車を降りて、案内通りに歩いていくと、途中から急こう配の舗装もしていないゴロゴロの山道になり、最終的には息も上がってしまうほどの登山になりました。
“竹田城跡”という名前だけ聞くとそんな高い山の上にあるとは思っておらず、山頂にあったとしても上の方まで車青い車で行けると思っていたのですが甘かったです。

当初その旅行には全く山に登る予定などなかったので、10㎝ほどの細めのヒールのショートブーツを履いていて、山を登っている私の後ろにいた年配のご夫婦に「見て!あの人あんな靴で登ってる!」と驚かれてしまいました。その方達はしっかり登山ルックでした。

 

また、3年前に友人と“伏見稲荷お稲荷さんへ初詣に行った時も本殿へのお参りだけだと思っていた私は、またまた10㎝ヒールのロングブーツを履いていました(今度はヒールは太めでしたが)。ですが、せっかく伏見稲荷に来たのだからと“千本鳥居赤い鳥居から“四ツ辻”まで山を上がっていくことになり、「その靴で大丈夫?」と心配されながら山を登っていました。ヒールには慣れているので、普通に登り切ったのですが、私みたいなのが“山を甘く見て遭難する人”になってしまうんだろうな…と思います。

 

私達日本人にとって代表的な山と言えばやはり“富士山富士山です。いつかテレビで見た外国人観光客に聞いた<日本で一番見たいものは>という番組で1位になっていたぐらい人気で、日本の象徴といってもいい山ですね。

 

富士山を絵に描くと、大体皆さん山を青で描き、山頂に雪の冠をかぶせます。
普通、山はなのに、富士山はなぜなのか不思議に思われる方も多いでしょう。

 

富士山は実際に登って見ると意外と普通の山です。中学生のころに修学旅行で富士山5合目までバスバスで登ったことがありますが、下の方は木木が生い茂り、土もちゃんとありました。5合目付近はゴロゴロと岩の多い赤土の地面で、全然青くはなかったです。

 

太陽赤い太陽や空空遠くのビル群ビル群など、遠くのものは時々実際の色と違って見えることがあります。
それは空気の層を通してみるために色が変わって見えるのです。
自分と対象のものの距離が遠ければ遠いほど、その間にある空気の層が厚くなります。
その厚くなった空気の層に太陽の中の青い波長の光だけが乱反射し、私達の目には青っぽく見えます。
普通の山はそれだけ距離が離れるとその山自体が見えなくなってしまうものが多いのですが、富士山は遠く離れていてもその姿を見ることができるほど高くて大きいので、私達は青い山という認識をしているのです。

 

山音痴の私は富士登山をする気は全くありませんが、それでも出張で新幹線新幹線に一人で乗っていると、時々スカッと晴れた空にきれいな富士山富士山が見える時があります。そんな時には「富士山きれいだな~」と思いながら、思わずスマホスマホを出して写真を撮ってしまいます。何度も見ているのに、そんな気にさせるほど富士山ってやっぱり特別な山なんですね。

 

山の日にちなんで、山に登るということは中々できないですが、山菜料理を食べるとかジビエ料理いのししのレストランに行く、なら私にも出来ます。ちょうど前から行きたいと思っていた、ワンちゃんプードルと行けるジビエ料理のお店があるので、ぜひこの機会に行ってみようと思います(いい口実になると、ほくそ笑んでいます)。

 

————————————————————
HADAEMI KYOTO 店長 竹村禎子
カラー&イメージコンサルタント
・文部科学省後援 ファッションコーディネート色彩能力検定1級

色彩検定ロゴ

・商工会議所認定 カラーコーディネーター検定(ファッション色彩)1級
・文部科学省後援 色彩士2級

色彩士ロゴ