素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

  

就職活動にいいリップの色ってどんな色ですか?

コラム画像

就職活動は第一印象がとても大事です。企業の選考では1回あたりの面接時間が20~30分と短く、伝えられる内容が限られてしまいます。そのために第一印象が評価に大きく影響します。採用担当者によい印象を与えることができれば、名前や顔を覚えてもらい、高い評価を獲得し内定への近道になります。

有名な「メラビアンの法則」では外見で判断される割合は55%とされていますが、最近では「第一印象は見た目で9割判断される」と言われており、ますます見た目の重要性が高まっているのが現状です。

就職活動の場合の外見は、清潔な身だしなみ、明るい表情、はきはきとした行動と姿勢、目線などを指します。

男性の場合でしたら、ヘアスタイルや服装に気をつけて、後ははきはきと明るく行動すると、好まれる感じに近づけそうですが女性の場合は、メイクが加わります。社会人としては公の場できちんとメイクをするのがマナーとされますが、「自分がかわいいと思うメイク」がよい印象を与えるとは限りませんし、第3者から見られた客観的な“好印象を与えるメイク”をする必要が出てきます。

好印象を与える第1歩として自分の肌と髪に自然に調和する色(パーソナルカラー)を使っているかどうかが重要です。自分のパーソナルカラーを使うと、自然で明るく、肌色もきれいで健康的に見えます。そして、「自分に似合う色を使っている」ことをきちんと把握できているということが自信につながり、はきはきとした行動や、自然に目を合わせることができるようになります。

メイクの中では、ご質問のリップが最もポイントになる色で、見た目の印象を大きく左右します。ご自身のパーソナルカラーのグループ中でも、優しく明るい印象に見せることのできる“ソフトなピンク”系の色が最も高感度の高い色になります。

あくまでも「就職活動には」ですが、あまりメイクをしている感じに見えない“ベージュ系”や派手に見えかねない“鮮やかピンク”、モードすぎる“オレンジ”や“レッド”、妖艶な印象になりがちな“ワイン”や“ブラウン”などは避けた方が無難です。

※それぞれの色が似合うシチュエーションやメイクイメージはもちろんあります。

この“ソフトなピンク”にも【ベージュがかったピンク】【ローズがかったピンク】【ピーチ系のピンク】や【コーラル系のピンク】など色々あって、やはりカラータイプ毎に違います。どれぐらいの鮮やかさがいいのかなどもそれぞれ違いますので、就職活動のほかにも、オーディション、お見合いなど第一印象が重要だと思われるシチュエーションの前にカラー診断を受けられることをお勧めします。

HADAEMI パーソナルカラー診断はこちら

HADAEMI KYOTOのご案内

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?