素肌に()みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

  
このエントリーをはてなブックマークに追加

暗い色の服が似合わないんですが、着ることはできませんか?

コラム画像

暗く深みのある色は欧米では“ジュエルカラー”と呼ばれ、ゴージャスなイメージや、少しオリエンタルなイメージに装われたりする人気の高い色です。日本人の私達にとっても、鮮やかで派手な色よりも、落ち着いて見えて使いやすいということで、市場には比較的多く出回る色ですが、中には少々難しいというタイプの方もいらっしゃいます。

肌色や髪色が明るく、ソフトな質感の方はパステルカラーなどの明るい色が似合い、暗い色の服を着ると、重たく、沈んだ印象になってしまいがちです。そういう方には、明るい色が似合うことが大前提ですが、いつも似たような明るい色ばかり着ていると飽きもきますし、「季節によって変えたい」とか「たまには違うイメージの色も着てみたい」などと思われたりすることもあると思います。

明るい色が似合う方が暗い色にトライされるには、2つのことに気をつけてください。

1つ目は、色自体の選択を考えてみること。

暗い色の中でもバリエーションがあるので、やや明るめの色を選んでもらう方が似合いやすくなります。

例えば、日常に使いやすいベーシックカラーの中から、代表的なダークカラー4色を取り上げると、

避けたい色 選びたい色
グレー系 ダークグレー ミディアムグレー
ネイビー系 ダークネイビー、ネイビー ライトネイビー
ブラウン系 ダークブラウン、ブラウン ライトブラウン、ココア
ブラック系 ディープブラック オフブラック

このように、選ぶ色によって暗めの色も似合ってきます。

そして、2つ目の方法は、素材を選ぶことです。

色がかなりダークであっても、素材感でこなせるものが出てきます。

例えば暗い色の代表の黒で見てみると、

避けたい素材 選びたい素材
ブラック 強い素材の黒
深いまっ黒に見える素材
透け感のある素材の黒
モヘアなど柔らかく見える素材の黒

など、肌色が透けたり、優しい黒に見えるようなものであれば、意外に「これならいける!」と思える黒に出会えます。

他のダークな色でも同じことが言えます。

暗い色でも、素材を選んで、重く見え過ぎない工夫をすると、使える暗い色を増やすことができます。

もちろんこれは、素材の雰囲気によってその方のイメージに合う、合わないなんかも出てきますので、お買い物をされる際には、必ず試着をして確認してくださいね。

HADAEMI パーソナルカラー診断はこちら

HADAEMI KYOTOのご案内

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?