素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

肌が求めるうるおいを実感 合成界面活性剤フリー「HADAEMI 保湿ローション」

活性酸素が肌細胞を老化させている

コラム画像

暦の上では秋を迎えましたが、まだまだ暑い毎日で秋の気配など全く感じることができません。しかし、秋の気配は空から感じることができるとも言われており、入道雲にかわり、いわし雲、さば雲、うろこ雲のような秋の雲が見えることもあるそうです。

暦では秋ですが、まだまだ夏空で強い日差しとともに紫外線が降り注いでいます。私たちは生きていくうえで「酸素」は欠かせないものです。しかしこの酸素が、紫外線などの影響によって体にとって有害になってしまう場合があることをご存知ですか?

活性酸素とは

私たちが取り込む酸素のうちの数%は活性酸素になると言われています。これは、免疫力を維持するため、体内に侵入した細菌やウィルスなどの外部の刺激から細胞を守るためのもので、体にとっては味方になり、この程度では問題はありません。しかし、この防衛力が強すぎるために、活性酸素が増えすぎると健康な細胞まで攻撃し傷つけ、体をサビさせてしまいます。

活性酵素でサビるとは?

コラム画像

体がサビる、お肌がサビるといってもイメージがしにくいのではないでしょうか?例えば、リンゴの皮をむき、カットしてそのまま置いておくと茶色く変色します。これはリンゴに含まれている物質が酸素と結びついて起きる現象で、これと同じように目には見えませんが私たちの体の中で活性酸素が増えることで細胞が攻撃され、お肌や体にさまざまな悪影響を及ぼしてしまうのです。このことを体がサビると言われています。

活性酸素が増える原因

活性酸素が増えてしまう原因は様々あると言われていますが、そのなかでも特に注意していただきたい原因をご紹介します。

・喫煙

喫煙はがん細胞発生の原因である活性酸素を増やし、また、抗酸化物質のビタミンCも破壊してしまいます。また、タバコの煙にもタールやニコチンなどの有害物質が含まれていますので、これらが身体に入り込むと身体を守るために活性酸素が発生します。この活性酸素が原因となり、細胞膜が酸化することで、シミ、シワ、たるみなどのお肌トラブルの原因にもなると言われています。

・ストレス

過度なストレスを感じると、ストレスを緩和させようと副腎皮質ホルモンを分泌します。この副腎皮質ホルモンはストレスに対抗するために必要なホルモンなのですが、このホルモンが作られる時に活性酸素も発生します。また、副腎皮質ホルモンが生成されている時には、ビタミンC、Eを多く消費し、お肌へのダメージが大きいと言われています。

・紫外線

日光などに含まれる紫外線も活性酸素を発生させる原因になります。紫外線は身体にとって害があるためそれを防ぐために、活性酸素も発生します。そして、この活性酸素がシミやシワなどのお肌トラブルの原因となる危険性があると言われています。

・過度な飲酒

飲酒も活性酸素を発生させる原因となります。ただし、少量であればそれほどの影響はありませんが、過度の飲酒は、肝臓でアルコールを分解する過程の中で活性酸素が生成されます。

・激しい運動

激しい運動を行なうことで呼吸量が増えることに伴い活性酸素も増えると言われています。また、体内の筋肉の温度が上昇するため、体温も同じく上がります。それにより、活性酸素も上がると言われています。運動を行なうことはいいことなのですが、激しい運動に限っては、活性酸素増加の原因になります。

活性酸素の働きを防ぐ「抗酸化物質」

コラム画像

活性酸素が発生する原因があるように、活性酸素から体を守ってくれる物質もあります。それが「抗酸化物質」です。この「抗酸化物質」を摂取することで、体のサビを防ぎ、美肌にもつながります。この抗酸化物質が多く含まれる食品をご紹介します。

抗酸化物質を含む食品

・ビタミンC、E、A

ビタミンCは、柑橘類に含まれていることはご存知だと思いますが、小松菜やブロッコリーなどの緑黄色野菜にも多く含まれています。ビタミンEは、アーモンドなどのナッツ類に多く含まれています。ビタミンAは、うなぎやレバーなどに多く含まれています。

・ポリフェノール

ポリフェノールといえば赤ワインをイメージされる方も多いと思いますが、赤ワイン以外にもブルーベリーなどにも多く含まれています。また、ポリフェノールの種類はなんと400種類以上もあると言われており、アントシアニンやカテキンなどの成分をまとめた総称です。

・カロチノイド

カロチノイドの中には、リコピン、ルテイン、カプサイシン、フコキサンチンなどがあります。リコピンは、トマトやスイカに多く含まれており、ルテインは、ホウレン草やトウモロコシ、カプサイシンは赤ピーマン、赤トウガラシ、フコキサンチンは海藻類に多く含まれています。

私たちの体には必要な活性酸素も、余剰に発生する原因を作ることによって、老化を引き起こします。まずは、余剰に作らないように日常生活で気を付けると共に、活性酸素を追い出してくれる食品を積極的に食べて、サビのない体、お肌を作りましょう。

暦の上では秋と伝えましたがまだまだ夏本番の暑さです。活性酸素の原因の一つに紫外線があることをお伝えしましたが、この季節はまだ強い紫外線が降り注いでいますので、外出時には日焼け対策、紫外線対策を十分行なっていただきますようお願いします。