素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

肌が求めるうるおいを実感 合成界面活性剤フリー「HADAEMI 保湿ローション」

手荒れの原因とハンドケアの方法

コラム画像

今年も残り2か月となりました。あっという間に年末を迎えそうです。11月になり肌寒く感じる日も増え、お肌の乾燥が進みやすい季節です。寒くなってくると手荒れで悩む女性も多いと思いますが、 私もその一人です。夏の間は気にならないのですが、秋から冬になると手がカサカサになり、皮がむけることもあります。秋から冬にかけての手荒れが起きる原因とハンドケアの方法をご説明します。

手が荒れる原因

コラム画像

手荒れの原因はいくつか考えられますが、まず、なぜ手が荒れるかということを簡単にご説明します。手の表面は他のお肌と同じように角質層と言われる組織で出来ています。角質層は角質細胞と角質間脂質が膜を作り、その中にたくさんの水分を蓄え、皮脂というバリアで守られているのですが、様々な原因によりこのバリアが剥がれ落ち、無防備な状態になることで手荒れが起こります。

乾燥による手荒れ

秋や冬は、空気が乾燥します。空気が乾燥することにより、お肌も水分を失いやすく乾燥しがちになります。手も同じように水分が蒸発して潤いが失われてしまうことで、お肌表面が硬くなり、カサカサになってひび割れ、あかぎれが起きたりもします。また、空気の乾燥は外だけではなく、屋内でも暖房器具などの影響により乾燥します。オフィスなどでエアコンから吹く風が手元に直接あたっている場合などは、手の乾燥を進める原因にもなっています。

水仕事による手荒れ

主婦の方や飲食業者の方など、日常で水に触れる機会の多い方は、手が乾燥しやすい状態です。手についた水が蒸発していくときに、手の表面の水分も一緒に蒸発し、手の乾燥が進みます。またこれから寒くなるとお水ではなくお湯を使う機会も多くなると思いますが、お湯は皮脂膜や細胞間脂質を洗い流し乾燥を進める原因になります。あわせて食器洗いの際には「食器洗い洗剤」を使用すると思いますが、洗剤には油汚れを落とす為に界面活性剤が配合されています。この成分は食器などに付いている油汚れに効果がありますが、それと同時にお肌にも刺激を与えてしまうため、手荒れの原因にも繋がります。

摩擦による手荒れ

パソコンのキーボードをたたく時の摩擦やお札を数えたり、本などをめくる際の紙との摩擦、洋服などをたたむ時の布との摩擦など、お仕事や家事の中で起こる摩擦も手荒れの原因になっています。

ハンドケアの基本

手荒れを防ぐためにはこまめにハンドケアを行なうことが大切です。ハンドケアの基本となる5つのポイントをご紹介します。

水分を拭き取る

手が濡れた状態のまま放置すると、水が蒸発する際に角質層の中に蓄えられている水分も一緒に蒸発してしまうので手を洗ったり、水仕事などが終わったらなるべく早くタオルで拭き取るようにしましょう。

ハンドソープの使用は最小限

手を洗う際にハンドソープなどを使うと、手の油分も一緒に洗い流してしまうために乾燥を招きます。ハンドソープ類の使用は最小限にしましょう。

手袋を着用

コラム画像

水仕事をする機会の多い人はゴム手袋やビニール手袋などを着用し、水や洗剤が直接手に触れることを防ぐようにしましょう。手袋を使用することでお湯を使う場合でも皮脂が奪われることはありません。ただし、お肌が弱い方やアレルギーがある方はゴム手袋を使用することで更に手が荒れることもありますので、ゴム手袋の下に綿の手袋などを付けていただき、直接ゴム手袋がお肌に触れないようにすることをおすすめします。

こまめに保湿

保湿成分を含んでいるハンドクリームをこまめに塗るようにしましょう。仕事の合間や水仕事などの後に、まめに塗りなおす習慣をつけていただくといいかと思います。しかし、ハンドクリームが、肌質に合わない場合はそれが原因で手荒れが起きることもありますので適切なハンドクリームを選ぶようにしてください。

ナイトケア

寝る前にハンドクリームを塗り、手袋を付けて眠るようにしましょう。寝る時にハンドクリームをつけると効果が持続しやすくなり、手袋を付けて眠るとより潤いを与え、寝具などにハンドクリームの付着を防ぐことができます。使用する手袋は天然素材の綿や絹のものをおすすめします。

(ハンドクリームの効果的な塗り方)

1.ハンドクリームを塗る前に手をこすり合わせたり、もんだりしながら手肌を温めてください。

2.手の甲にハンドクリームをのせ、軽く両手の甲になじませ、まずは左手の甲を右手で軽く押さえてやさしく塗りこみます。

3.左手の指を1本1本付け根から指先まで、指をひっぱるような感覚でなじませてください。

4.左手の手のひらを右手の手のひらでさすりながら、手首までハンドクリームをなじませてください。

5.手を逆にして同じように行なってください。

手は意外に人から見られているパーツです。本格的な乾燥の季節を迎える前に、今からハンドケアを行ない、ツヤツヤした手をキープしてこの冬を過ごしてください。