素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

お顔のむくみケアに顔ツボ

コラム画像

1月半ばになり、年末年始の疲れが出てきやすい時期ですがいかがでしょうか?身体が疲れてくると、お顔もむくみ気味になり、お顔の表情もいつもとは違うように見えることもあります。そんな時に、自分でお顔をスッキリさせる手軽な方法があります。それは顔ツボの刺激です。顔ツボを刺激することで、お顔のリンパと気の流れが良くなり、老廃物や血液がスムーズに流れるようになります。あわせて固まっていた筋肉もほぐれ顔色も良くなってきます。また、マッサージ効果によってお顔が引き締まり、小顔効果が期待できることもあります。

顔ツボについて

コラム画像

ツボ押しは、東洋医学の考えに基づくマッサージ方法です。東洋医学では体内を流れる生命エネルギー「気」、血液の「血」、それ以外の「水」の通り道があり、その通り道を「経絡(けいらく)」と言い、経絡上にあるエネルギーの出入り口で重要なポイントは「経穴(ケイケツ)」と言われています。この「経穴」の別名が「ツボ」です。東洋医学では私達の体には365個のツボがあると言われており、お顔だけでも20個近いツボがあるそうです。お顔のむくみやたるみの解消効果が期待ができる、自分でできるお手軽顔ツボをご紹介します。

四白(しはく)

[ツボの場所]
黒目の中心から、真っすぐ約1cm下に下がった少しくぼんでいる部分です。
[ポイント]
リンパ、血液の流れを促し、お顔全体の血流が良くなることで、お肌の調子を整えていき、くすみ、むくみの解消が期待できるツボです。
[押し方]
人差し指の腹で、少し上に向かって左右同時に約5秒間押し、ゆっくりと離すを1セットにして5セット行なうことをおすすめします。

頬車(きょうしゃ)

[ツボの場所]
左右のあごのエラ部分より約1cm頬側に入った歯をかみしめると盛り上がり、口を開けるとくぼむ部分です。
[ポイント]
血流を促し、たるみやシワの予防などアンチエイジング効果や引き締めも期待できるツボです。
[押し方]
人差し指の腹を、左右同時に痛気持ちいい程度の強さで押し込むことをおすすめします。

上廉泉(かみれんせん)

[ツボの場所]
あごの先端の真下にある少しくぼんだ部分です。
[ポイント]
お顔の代謝や循環改善効果によりむくみや首のぜい肉をとり、二重あご解消が期待できるツボです。
[押し方]
あごを上にしっかり上げて首を伸ばし、親指の腹で上に向かって押す、ゆるめるを繰り返し行なうことをおすすめします。

承漿(しょうしょう)

[ツボの場所]
下唇の下で少しくぼんでいる部分の中心部分です。
[ポイント]
お顔や首のむくみ解消と小顔効果が期待できるツボです。また、皮膚のトラブルを改善してくれるツボと言われており、口内炎などの口周りの改善にも役立つツボだそうです。
[押し方]
中指と薬指の2本の指の腹で約5秒間押し、ゆっくりと離すを1セットにして5セット行なうことをおすすめします。

地倉(ちそう)

[ツボの場所]
口の両端から約1cm外側へすすみ、法令線を下に伸ばしてきた時に交わる部分です。
[ポイント]
口周りのたるみや法令線解消が期待できるツボです。
[押し方]
人指し指の腹で気持ちいいと感じる強さで口角をひき上げるような気持ちで押し込むことをおすすめします。

顴りょう(かんりょう)

[ツボの場所]
頬骨のすぐ下にある少しくぼんだ部分です。
[ポイント]
頬の筋肉のたるみを防ぎ、あごから首へのラインを引き締める効果が期待できるツボです。
[押し方]
人差し指でこめかみ方向に向かって、斜め上に持ち上げ、軽くさするように行なうことをおすすめします。

太陽(たいよう)

[ツボの場所]
まゆ尻と目尻の中央から、少し後ろにあるツボで、こめかみから少し目尻よりにあります。
[ポイント]
新陳代謝を促進させ、お顔や目の周りのむくみ解消が期待できるツボです。また、頭痛で悩んでいる方にもおすすめしたいツボです。
[押し方]
中指を添えて人差し指の腹でツボを押し、5秒ほどゆっくりと押し込むことをおすすめします。こめかみ部分の骨は薄く弱いため、強く押し過ぎないようにしてください。

ツボを押すときのポイント

コラム画像

お顔のツボを刺激する際には、強く押しすぎたり、爪をたてるとお肌を痛めてしまう場合もありますので、「やさしく」そして「ゆっくり」行なうようにしてください。また、息を止めたりせずに、優しく息を吐きながら押すことも大切です。またツボの位置は人によって異なりますので、今回の位置を参考にしていただき、ご自分のツボを探してください。お顔のツボ押しはいつでもできますが、より効果的なタイミングは、お風呂上がりのスキンケアが終わった後とも言われています。また、就寝前にツボ押しをした際には、コップ1〜2杯の水を飲んで体全体の水分補給を行なうようにしてください。

お顔のたるみやくすみの解消や、小顔効果も期待できるツボ押しは毎日続けることでじわじわ効いてくると言われています。肌コンディションを整える、どこででも気軽にできる顔ツボ押しを、日常生活の中にぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?