素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

PMSによるお肌のトラブル

コラム画像

生理前になるとお肌が荒れ、ニキビやヘルペスができるなどのお肌トラブルが起こる方もいらっしゃるかと思います。これらのお肌トラブルは月経前症候群と言われるPMS(PremenstrualSyndrome)の症状のひとつです。PMSによるお肌トラブルについて今回はご紹介いたします。

PMSとは

PMSは、PremenstrualSyndromeの略称で「月経前症候群」と呼ばれており、個人差はありますが、生理の約2週間前の高温期から心や体、お肌などに様々な症状が表れ、生理が始まると少しずつ症状が弱まっていきます。日本産科婦人科学会では「月経前3〜10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経発来とともに減退ないしは消失するもの」と定義されています。このPMSの症状は軽い症状も含めると数百種類になると言われており、お肌トラブルも症状の一つです。

PMSの原因

PMSの原因はまだはっきりと解明されておりませんが、女性ホルモンの乱れが原因ではないかと言われています。生理前の時期は2種類の女性ホルモン、「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の分泌バランスが急激に変化することにより、生理前にPMSを起こすと言われています。

PMSのお肌への影響

生理前の時期は黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が最も多くなる「黄体期後期」と呼ばれており、この黄体ホルモン(プロゲステロン)には、妊娠を促し、妊娠後の必要な栄養や水分を蓄積するという重要な働きがありますが、その一方で皮脂の分泌量が増え、お肌の保水力やバリア機能も低下すると言われています。紫外線の刺激にも敏感になるため、シミやソバカスもできやすくなります。

PMSによるお肌トラブルの予防

PMSの症状の一つであるお肌トラブルを予防するためのポイントをご紹介します。

食生活の見直し

コラム画像

栄養バランスのよい食生活を心がけることがポイントです。意識的に野菜を多くとるようにし、その野菜の中でもお肌によい影響があると言われているビタミンA、ビタミンCなどの栄養を多く含む緑黄色野菜(かぼちゃ、ほうれんそう、にんじんなど)を積極的にとるように心がけてください。あわせてPMSは女性ホルモンのバランスの乱れが原因のひとつだろうと言われていますので、ホルモンバランスを整えるためにも、イソフラボンの摂取をおすすめします。イソフラボンは女性ホルモンに似た成分であり、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促し、お肌を美しく滑らかに保つ働き、及び、抗酸化作用により、紫外線やストレスなどで発生する活性酵素を除去する働きがあると言われています。イソフラボンは、大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一種で豆腐や豆乳、納豆、味噌などに含まれています。このような食品も意識してとるようにしてください。しかし体にいいからとイソフラボンを過剰摂取すると逆効果になることもあります。大豆イソフラボンの一日の適量摂取量は70~75mgと設定されていますので、適量の摂取をお願いします。また、生理前は、黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響により皮脂の分泌量が増えます。そのため、油ものを食べるとより多くの皮脂の分泌に繋がりますので、油をとりすぎないように気をつけてください。また、甘いものやスナック菓子の食べ過ぎにも注意してください。

しっかり睡眠を取る

コラム画像

睡眠はお肌の状態に大きな影響を与えますので、途中で目覚めることなく朝までグッスリ眠る良質な睡眠をとるように心がけてください。良質な睡眠をとっている間にお肌のターンオーバーが起こり、私たちのお肌は日々生まれ変わります。私たちの体には、生まれつき体内時計(リズム)が備わっており、毎日、同じ時間に寝て、同じ時間に起きる事により正確なリズムができます。良質な睡眠をとるためには、毎日、規則正しく生活することも大切なポイントです。

運動をする

激しい運動ではなく、ウォーキングやスロージョギング、ストレッチなど簡単にできる運動でも良いので、体を動かし汗を流すようにしてみてください。運動をすると新陳代謝が促進され、汗を流すことで不要な老廃物の排出にも繋がります。また、運動をすると気分転換、リフレッシュにもなりますので、まだまだ寒い季節ですが、ぜひ体を動かしてください。

ピルの服用

低用性ピルは、ホルモンバランスを整える作用があり、PMSにも効果的とも言われています。ピルは婦人科や皮膚科などで処方してもらうことが可能ですが、副作用が出る場合もありますので、服用についてはお医者様にご相談ください。

ストレス解消

PMSとストレスは密接な関係だと言われていますので、ストレスを溜め込まないようにコントロールしていただきたいと思います。ストレスが溜まっているなと感じたら、自分にとってストレス解消だと思えることを行なっていただきストレスを発散してください。

PMSによるお肌トラブルは、食事や睡眠などの生活習慣を見直すことで、予防することができますので、生理前のお肌トラブルは仕方がないと諦めずに、できることから気をつけてみてください。