素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

肌が求めるうるおいを実感 合成界面活性剤フリー「HADAEMI 保湿ローション」

基礎化粧品の種類と特徴(クレンジング編)

コラム画像

春の気配も少しずつ感じられるようになってきました。しかしこの時期は、ポカポカ陽気が続いたと思ったら、急に冬の寒さに戻ったり、寒暖の差がありますので体調管理には気を付けてください。これまで様々な美容に関する情報をご紹介してきましたが、それぞれの基礎化粧品について詳しくお伝えしていませんでしたので、シリーズで各化粧品に関する情報をお伝えしたいと思います。今回はクレンジングについてご紹介します。

基礎化粧品とは

コラム画像

基礎化粧品とは、肌を清潔にし、調子を整え、健康で美しい肌を保つことを目的として使用するクレンジング、洗顔料、化粧水、美容液、乳液、クリームなどのことで、化粧品にはそれぞれの役割があります。

クレンジングとは

クレンジングは、メイクなどの脂汚れや毛穴につまった汚れである角栓、黒ずみなどを落とす洗浄剤です。汗や水分などで簡単に落ちたりよれたりしないように、皮膚にしっかり付着させるために、メイク用品には油分が多く用いられており、クレンジングはこのような「油性」の汚れや落ちにくい毛穴の汚れを落とすことが目的です。一日の終わりにはメイクを綺麗に落として、肌をすっぴん状態にすることが大切です。メイクが肌に残っていると、化粧品に含まれる成分によって肌トラブルを招いてしまう可能性もあります。また、メイクを綺麗に洗い流すことで、その後に使用する化粧水などに含まれている美容成分が浸透しやすくなります。

クレンジング剤にも様々な種類がありますので、肌質やメイクの度合いによりご自分にあった商品を選ぶようにしましょう。

・クレンジングオイル:肌になじみやすく、高い洗浄力によりメイクが素早く落とせて洗い上がりがスッキリすることから、支持が高いクレンジング剤です。しかし、界面活性剤の量も多く、肌への刺激が強い傾向もあるので、敏感肌や乾燥肌の方はご使用に際し注意が必要です。

コラム画像

・クレンジングローション:水タイプのクレンジング剤でコットンなどに含ませ、メイクを拭き取るタイプのクレンジング剤です。拭き取りタイプのために、水がない場所でも手軽にメイク落としができます。しかし、拭き取る際にゴシゴシと肌を擦ってしまうと、肌の炎症や色素沈着を招くこともありますので、使用の際には気を付けてください。

・クレンジングジェル:肌へのなじみがよく、ジェル特有の弾力性を持つことから、肌への負担が少なく、マッサージ感覚でメイク落としができます。油性タイプと水性タイプがあり、油性タイプはオイルが入っているので、しっかりしたメイクでも落ちやすいのが特徴です。水性タイプはオイルフリーですので、ベタつきが苦手な方やマツエクをつけている方も使うことができます。また、顔や手に水分があると、メイクとクレンジングジェルがなじみにくくなる場合がありますので顔や手が乾いた状態で使用するようにしましょう。

・クレンジングクリーム:界面活性剤の量が比較的少なく、油分も適度に含むため肌への刺激が少ないと言われるクレンジング剤です。ナチュラルメイクは十分に洗浄効果がありますが、メイクの濃さによっては洗浄効果が劣ることもありますので、メイクに合わせて使い分けるようにしましょう。また、洗い流すタイプのほかに拭き取るタイプもあります。

・クレンジングミルク:洗浄力は弱めですが、肌への刺激や負担が少なく、薄めのメイクの方や敏感肌の方向けのクレンジング剤です。また、洗い流すタイプのほかに拭き取るタイプもあります。

・クレンジングシート:シートにクレンジング剤が含まれており、拭くだけでメイクオフできるとても便利なクレンジングアイテムですが、他のクレンジング剤を使用するよりも肌を痛めてしまう可能性が高いと言われています。持ち運びがしやすく手軽に使えるので、旅行時や緊急時に使用するようにし、日常は他のクレンジング剤を使用されることをおすすめします。

クレンジング剤は洗浄力が種類によって大きく違います。しっかりメイクをした日に洗浄力が低いクレンジング剤を使用するとなかなか落ちない為、ゴシゴシと擦ってしまい肌に負担をかけてしまうことがあります。また逆の場合もあります。メイクの度合いによってクレンジング剤も使い分けて選ぶようにしましょう。

また、目元や口元のポイントメイクとベースメイクを一度で落とそうとすると、肌への負担が大きくなることもありますので、ポイントメイクは専用リムーバーを使って落とすようにしましょう。

肌トラブルのない美しい肌を保つためには、その日の汚れはその日のうちに取り除くことが大切です。たった一晩でもメイクを落とさずに寝ることは肌に大きなダメージを与えてしまい、様々な肌トラブルを引き起こす原因になります。3月は年度末でお仕事が忙しくなったり、送別会などもあるかと思いますが、疲れている時や、眠い時でもメイクは落としてから寝るようにしましょう。

次回は基礎化粧品の洗顔料についてご紹介します。