素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

紫外線による光老化

コラム画像

梅雨入り前の初夏の陽気を楽しめる時期です。長袖から半袖へ衣替えを行なう時期かと思います。5月は紫外線量が増える時期でこの紫外線が肌の老化を進めてしまう危険を持っています。この紫外線が肌の老化を進めることを「光老化」と呼び、最近メディアでも多く取り上げられています。今回はこの「光老化」についてご紹介いたします。

光老化とは

コラム画像

長年にわたって紫外線を皮膚にあびることにより肌が老化する現象を「光老化」と言います。紫外線の中で地上まで届き肌に影響をあたえる紫外線は、UV−AとUV−Bの2種類あり、UV−Aは肌内部のコラーゲンやエラスチンを壊し、乾燥、しわ、たるみを引き起こし、主にこのUV−Aが光老化を促進していると言われています。また、UV−Bはメラニンが多量に生成され、しみ、そばかすの原因となります。また、私達の肌の老化は加齢と共に進みます。しかしこの肌の老化のなかで加齢による老化が20%程度で光老化の影響による肌の老化が約80%を占めると言われています。

光老化が起こるメカニズム

太陽光線の中には、紫外線、赤外線、可視光線の3つがあり、光老化に影響を与えているものも紫外線で、紫外線にはUV−A、UV−B、UV−Cの3種類がありますが、UV-Cは波長が短いために上空のオゾン層に遮られて、地上にはほとんど届いていません。地上に届いているのはUV−A、UV−Bの2種類です。太陽光線は波長が長いほど、皮膚の奥深くまで届くという性質があり、UV−AとUV−BではUV−Aが波長が長いために、皮膚の奥の皮下組織部分まで届き、波長が短いUV−Bは肌の表面の表皮に届きます。

UV-Bは表皮に届き与えるダメージでわかりやすいのが日焼けです。強い日差しに当たると、皮膚が赤くなったり、ヒリヒリしてくるかと思います。これはUV-Bを防御するために皮膚が反応していることによるものです。また、UV-Bが表皮の細胞に届くと、細胞を守るために色素細胞であるメラノサイトを活性化するために、メラニンの生成を促します。このメラニンの生成がシミのもとになります。一方、UV-Aが届く肌の奥の皮下組織部分の真皮には、ハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンが張り巡らされていますが、ここにダメージが蓄積することで構造が損なわれ、シワやたるみが生じてきます。

光老化対策とは?

光老化は、日々のお手入れや意識することで防ぐことができます。光老化を防ぐための対策をご紹介します。

日焼け止めでUVケア

光老化対策の最大の方法は紫外線を浴びない事ですので、日焼け止めを使いUVカットを行なうようにしましょう。紫外線は天気がいい日だけ降り注いでいるのではなく曇りの日も降り注いでいます。またガラスを通り抜けるので、室内でも窓際などにいる際には紫外線を浴びていることになります。

日焼け止めにはUV−A波の防止効果を表す「PA」が表示されており、UV−B波のカット効果を表す「SPF」が表示されています。各商品の表示を確認していただき目的に合わせた日焼け止めを選ぶようにしましょう
(目安)

・炎天下でのレジャー、海水浴など PA+++~++++、SPF30~50+

・屋外での軽いレジャーやスポーツ PA++~+++、SPF20~40

・日常生活、買い物、散歩など  PA+~++、SPF10~20

日焼け止めは、汗や服とのこすれなどで落ちていきますので、こまめに塗り直すことが大切です。また、効果の高い日焼け止めに含まれているUVカット成分「紫外線散乱剤」「紫外線吸収剤」は、合成化合物由来の成分です。紫外線から肌を守ってくれる成分ですが、これらが肌トラブルを起こしてしまうこともあります。日焼け止めご使用時には成分をしっかり確認し、ご自分の肌にあうかを確認するようにしましょう。

体の中からケア

コラム画像

紫外線が原因によるコラーゲンやエラスチンの破壊は、肌の内部の真皮で起きます。表面からのケアだけではなかなか回復を促すことが難しい部分ですので、体の中からのケアとして食べ物にも気を付けましょう。

ビタミンを多く含む食べ物がまずおすすめです。ビタミンの中でもビタミンC、ビタミンEを意識して摂取してください。ビタミンCは活性酸素の消去や肌のコラーゲン生成効果があると言われています。果実類、野菜類、いも類などに多く含まれています。また、ビタミンCとタンパク質がくっつくとコラーゲンになり、ビタミンCはコラーゲンの生成を促す働きがありますので、タンパク質と同時に摂取されることをおすすめします。ビタミンEは日焼けの炎症を鎮めたり治りを早めるのに効果があると言われています。ゴマ、ナッツ類、小麦胚芽、玄米などに多く含まれています。このほか、にんじんやホウレン草などの緑黄色野菜に多く含まれているβカロチンもおすすめします。

これからは毎日、意識して野菜や果物を摂取していただくことをおすすめします。私たちの体は余分な栄養を溜められないので、極端に一度にたくさん食べるのではなく毎日続けて食べる様にしましょう。

光老化による肌の老化は一気に表れるのではなく少しずつ表れてきます。気が付いた時は遅かったとならないように、日々紫外線対策を行なっていただき、ハリのある肌をいつまでもキープできるようにしていきましょう。