素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

デコルテのケア

コラム画像

夏日、真夏日という日が続いています。暑くなってくると髪をアップにすることが多くなったり、今年も人気のオフショルダートップスを着たりと肌を出すおしゃれが楽しい時期でもあります。そこで気になるのがデコルテ部分ではないでしょうか?デコルテは、目に付きやすいパーツですが、お顔ほどお手入れをしていない人が多いのではないでしょうか?実はデコルテはシワやシミなどの年齢が出やすいパーツです。デコルテはお顔と繋がっているパーツでもありますのでケアを行なうことが顔の美肌にもつながります。今回はデコルテのケアとスッキリ見せるための方法をご紹介します。

デコルテはどこ?

コラム画像

デコルテとは首や胸元までのパーツを示す言葉で、襟ぐり部分が大きく開いた服のデザインを表すファッション用語として用いられてきました。そのファッション用語が美容用語に転じて首から胸元までのパーツを示す言葉になりました。デコルテ部分である首や鎖骨周辺は皮膚が薄くデリケートな部分で紫外線や外部からの様々な刺激にさらされやすくシミやシワ、肌荒れなどの肌トラブルが起こりやすいパーツです。

デコルテのケア方法

デコルテのマッサージ

デコルテのケアには、ご自分でできるマッサージやエクササイズが効果的です。デコルテにはリンパ節と呼ばれる部分があり、ここを丁寧にマッサージを行ないリンパ液を流すことで、むくみがとれ首元がすっきりとした印象になります。デコルテは非常に皮膚が薄くデリケートで摩擦に弱いパーツですので、お顔のスキンケア時にデコルテまでスキンケア用品でお手入れを行ない滑りのよい状態で行なうことをおすすめします。

・鎖骨マッサージ

鏡の前で手をクロスさせ、指をチョキにして、間に鎖骨を挟む形で内側から外側へ、外側から内側へ、3~5回ほど軽く押しながら流します。

次に人さし指・中指・薬指の3本を耳の後ろから首を通って、鎖骨の真ん中あたりまで流します。3~5回ほど繰り返します。反対側も同じように行ないます。

最後に首を右、左、前、後ろとゆっくり倒し、それぞれ10秒程キープし、最後にゆっくり首を2~3周、回しましょう。

デコルテの保湿ケア

コラム画像

前述しましたが、デコルテ部分は皮膚が薄いので、スキンケアを行なわないと肌が乾燥状態になってしまいます。そこでデコルテ部分も顔と同じようにお手入れを行なうことが大切です。顔のお手入れを行なう際に、顔だけではなくデコルテラインまでスキンケア商品を馴染ませるようにしましょう。デコルテ部分は皮膚が薄いために、水分を蓄えることができないことが多いので、まずは化粧水でしっかりと水分を肌に届けることが大切です。乾燥しやすいパーツだからこそ、肌にしっかり浸透する化粧水を使うことをおすすめします。

また、デコルテ部分には髪のスタイリング剤などがついている場合もあり、肌に刺激を与えていることもありますので、入浴時には洗顔同様に、やさしく丁寧に洗うようにしましょう。ちょっとしたスキンケアがデコルテ部分のシワやたるみなどに大きな影響を与えます。

デコルテの紫外線対策

デコルテ部分は紫外線や外部からの様々な刺激を受けやすいパーツですので、顔と同じようにデコルテも紫外線対策が必要です。顔や腕には日焼け止めを塗ってもデコルテ部分はつい忘れがちです。デコルテにも日焼け止めを塗ったりUVケアの化粧品を使って紫外線から守りましょう。デコルテ部分は汗などで、日焼け止めが落ちやすい部分でもあります。日焼け止めはこまめに塗り直すようにしましょう。

首のシワ対策

首のシワは年齢に関係なく、ケア次第で大きく「差」がでます。首は皮膚が薄く、たるみやすいパーツですので、真っ直ぐ首を伸ばしていることを意識していないとすぐにしわが寄ってしまいます。首のシワの原因で考えられることは、前屈みや猫背などで姿勢が悪い、頬杖をよくついている、スマートフォンばかり見て下を向いていることが多い、枕の高さが合っていない等があります。前屈みや猫背の状態を鏡で見てください。首にシワが寄っていることが確認できます。また姿勢が悪いと老けた印象を与えますので、背筋をピンと伸ばした姿勢を意識しましょう。またスマートフォンは、私たちの生活には欠かすことができないものですが、このスマートフォンが首のシワを作る原因の一つです。スマートフォンを操作する時、下を向いて、猫背で操作をしていませんか?この姿勢の時に、首にシワができスマートフォンを見るたびに、だんだんシワが深く刻まれ、消えないシワとなります。スマートフォンを操作する際の姿勢も意識しましょう。また、枕は高すぎると、顎が下がってしまうために首にシワが寄ります。横になった時に、背骨が自然なS字カーブを描く姿勢をとれるのが理想と言われていますので、ご自分にあった高さの枕をぜひ探してみてください。

首やデコルテ部分にシワがあるかないか、くすみがあるかないかで見た目の印象はかなり違ってきます。デコルテは特別なケアをするわけではなく、顔のスキンケアの延長としてケアを行なっていただき、首のシワは、日頃の姿勢を意識することで防げます。ぜひ年齢がでやすいデコルテ部分のケアも行なってください。