素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

肌の構造と働き ~表皮(ひょうひ)編~

コラム画像

過ごしやすい季節になりました。夏の強い日差しをあびた肌を労わり、これから迎える冬の乾燥対策を早々にスタートする時期でもあります。しかし、様々なスキンケアを行なうにあたり、肌の構造について知っておくことで、自分の肌の状態がより把握でき、かつ、ご使用中のスキンケア商品がご自分の肌にあっているのかなど再確認することができます。なかなか肌の構造まで考えることがないかと思いますが、わかりやすく肌の構造についてご紹介しますので、ぜひ肌の構造と仕組みを意識していただき、美肌を目指すためのヒントにして下さい。今回は肌の最も表面部分にある「表皮(ひょうひ)」についてご紹介します。

皮膚の構造

コラム画像

皮膚の構造は、表面から「表皮(ひょうひ)」「真皮(しんぴ)」「皮下組織(ひかそしき)」の三層構造となっています。簡単な役割を説明すると、表皮は、菌や体外からの様々な刺激に対して、体を守り、保護する役割を担い、真皮は、肌の内側の水分を保つ役割を担い、皮下組織は、外部からの刺激を和らげるクッションの役割や断熱・蓄熱といった役割を担っています。それぞれの構造を詳しく説明しますが、今回は表皮(ひょうひ)についてご説明します。

表皮(ひょうひ)の構造と役割

表皮は、肌のもっとも表面にあたる部分で表面からわずか0.2mmまでの肌の部分で、常に外気にさらされていますが、外からの刺激や菌などの異物の侵入を防いでくれています。また、肌の水分が蒸発することを防ぐ役割もあります。このわずか0.2 mmの表皮の構造は、表面部分から角層(角質層)、顆粒(かりゅう)層、有棘(ゆうきょく)層、基底(きてい)層の四層構造となっています。

・角層(角質層)
部位などによって差異はありますが、約10~20層の平たい細胞「角層細胞(かくそうさいぼう)」がレンガ壁のように積み重なり、細胞同士のすき間をセメントのようなイメージで「細胞間脂質(さいぼうかんししつ)」が埋めている状態です。角層細胞は、基底層でつくられる「ケラチノサイト(角化細胞)」という細胞から変化した核のない細胞で役割を終え、肌から剥がれ落ちる前の状態である一定期間がたつと垢として剥がれおちます。

・顆粒(かりゅう)層
肌の表面からは2番目に位置する層で、顆粒細胞という扁平な形の細胞が2~3層になって構成されています。この顆粒細胞は、角質(角質細胞)になる準備をする層で、この顆粒層で自然保湿因子(NMF)や細胞間脂質がつくられています。この顆粒層部分には、光を屈折させ反射させる性質を持つタンパク質で出来た「ケラトヒアリン」というガラス質状の顆粒を含んでいるので、肌の内部に入ろうとする紫外線をはね返し、肌の奥へ侵入するのを防御する役割も担っています。また、顆粒細胞はターンオーバーにより角質細胞に変化していきますが、その過程で「ケラトヒアリン」は「フィラグリン」と呼ばれるタンパク質になり、表皮に近付くと共にアミノ酸に分解されると言われており、これがNMFの主成分になり、皮膚の保湿の役割を担っています。

・有棘(ゆうきょく)層
マルピギー層とも呼ばれており、表皮の中では最も厚い層です。有棘細胞が10層ほど重なり、互いに棘(とげ)のような形をした細胞間橋と言われるもので繋がっています。そのために細胞と細胞の間に隙間が目立ちますが、この隙間にはリンパ液が流れ、表皮細胞に栄養を与えています。また、体内に侵入した異物を見つけだすセンサーの役割をしているランゲルハンス細胞と呼ばれる樹枝状の細胞も存在しています。有棘細胞では、角質細胞の素となるケラチンと呼ばれるタンパク質を作りながら顆粒層に向かって移動し、有棘層の上層まで来た有棘細胞は、細胞内でケラトヒアリンと呼ばれるガラス質状の顆粒を作り、顆粒層に移動します。

・基底(きてい)層

表皮の最下層にあり、楕円形の核を持っているので、「円柱細胞層」とも呼ばれています。基底層の構成は全体の約95%を基底層細胞と呼ばれる表皮ケラチノサイトで、残りの約5%が色素細胞であるメラノサイトです。基底細胞はこの下にある真皮の毛細血管から栄養をうけとり、約20日ごとに細胞分裂を起こして新しいケラチノサイトをつくり出します。細胞分裂した基底細胞のうちの一つは基底層に残り次の分裂に備え、もう一つは上部の有棘細胞に変化していくと言われています。基底細胞の間にはメラノサイトが点在しており、この細胞内でメラニン色素が生産され放出することで、真皮に紫外線が届かないようにブロックしています。

コラム画像

表皮は肌の表面の約0.2㎜の部分だけでも様々な役割があり私たちの肌を守ってくれています。この0.2mmが4層構造になっていることにも驚かれた方がいらっしゃるかと思います。次回は、皮膚の構造のなかで表皮の次の層である真皮(しんぴ)についてご紹介します。

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?