素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

「目の下くまのケアをするクリア洗顔フォーム」お客様の声≫

冬におこる男性の乾燥肌の原因と対策

コラム画像

今年も残り10日余りとなりました。明後日、12月22日は二十四節気の一つで、一年で昼が最も短い日である「冬至(とうじ)」です。冬至には「ゆず湯」に入る風習があります。なぜ「ゆず湯」なのかについては諸説ありますが、冬が旬である柚子は香りが強いために、邪気を避け、運を呼び込む前の厄払いの目的で入っていたそうです。また、柚子には血行を促進し、身体を温めて風邪を予防する働きがあるからだそうです。寒波到来で寒い日が続いていますので、ぜひ22日はゆず湯で温まってはいかがでしょうか?寒波到来と共に空気も乾燥しています。空気が乾燥すると肌も乾燥しがちです。男性は女性に比較すると皮脂の分泌が多いと言われていますが、この季節は肌の乾燥に悩む男性も多いと聞きます。今回は男性の乾燥肌についてご紹介します。

男性の肌の特徴

男性の肌も女性の肌も肌の構造自体は同じですが、「肌質」は大きく違い、肌の水分量は男性の肌は女性の肌に比べて約半分と言われており、実は、乾燥肌は女性よりも男性の方が多いとも言われています。

冬に肌が乾燥する原因

夏の間は顔のテカリなどが気になっていたのに、冬になると肌がカサカサになって、乾燥が気になるという男性も多くいらっしゃいます。冬になると、気温と湿度が下がります。気温が下がると、身体は体温を維持するために、血行を制限しますので血行が悪くなります。血行が悪くなると、皮膚の細胞に栄養が十分に届かなくなり、肌の新陳代謝が悪くなると言われています。肌の表面には角質層があり、この角質層部分には肌に対する異物の進入を防ぐバリア機能や肌の水分を保つ保湿機能があるのですが、新陳代謝が適切に行なわれないと角質層の構造が崩れ、バリア機能や保湿機能が低下し肌は乾燥しやすくなります。また湿度が下がることで空気が乾燥しているために、肌の水分が蒸発しやすくなるために肌の乾燥が進むと言われています。しかし、肌のバリア機能や保湿機能がただしく働くと、冬でも肌は乾燥せずに潤いをキープすることができます。

乾燥肌の改善対策

肌がカサカサしたり、少し粉をふいた状態など乾燥状態になっているにも関わらず、放っておくとさらに乾燥が進み、かゆみを伴うこともあります。また乾燥によってシワが増えるなどの肌トラブルを引き起こすこともありますので、男性の方も乾燥対策を行なうようにしましょう。

・洗顔の見直し
ゴシゴシと洗いすぎることで、肌に必要な油分まで洗い落としていることもありますので、肌に不要な皮脂汚れを落とすことを意識して洗顔を行なうようにしましょう。洗顔のポイントは、泡立てネットを使い、洗顔料をしっかり泡立ててやさしく洗うようにし、30℃前後のぬるま湯で泡の洗い残しがないようにしっかり洗い流すようにしましょう。

・洗顔後のスキンケアの見直し

洗顔して終わりではなく、乾燥肌対策のためにはスキンケア商品を使用し保湿ケアを行なってください。まず、化粧水を手のひらにのせて、顔の中心から外側へ向けすべらせるように化粧水を顔全体に馴染ませましょう。次に、乳液や保湿クリームで化粧水の蒸発を防ぐようにしましょう。洗顔した後は、みるみるうちにうるおいが失われてしまいますので、洗顔後はすぐに保湿ケアを行なうようにしましょう。

・シェービング用品の見直し

コラム画像

男性の身だしなみとしてヒゲ剃りがありますが、このヒゲ剃りが肌を乾燥させる原因にもなります。肌の表面の角質層は、前述のとおりバリア機能や保湿機能などを担っている細胞です。髭剃りの際にこの角質層まで削ってしまうと、バリア機能や保湿機能が崩れ、乾燥しやすい肌になってしまいますので、シェービング用品の見直しも大切です。まず切れ味が悪くなったカミソリで無理やり髭剃りを行なうことはやめましょう。また、カミソリを使用する際には、髭をまずぬるま湯で洗い髭を柔らかくします。その後、肌にあたるカミソリの摩擦を軽減させるために専用シェービング剤を使用し、髭の生えている方向から肌を傷めないように剃るようにしましょう。カミソリではなく電気シェーバーを使用されている方も多いかと思います。電気シェーバーを使用時も専用シェービング剤を使用し肌への摩擦を軽減するようにしましょう。カミソリと電気シェーバーを使用した際の肌へのダメージは、電気シェーバーのほうがダメージは少ないこともお伝えします。

・水分補給を意識する

コラム画像

冬の間は夏に比べると水分摂取量が少なくなりがちです。乾燥肌対策のためにも、1日に1リットルから1.5リットルを目安に水分補給するようにしましょう。また摂取する際には、体を温める飲み物を飲むようにしましょう。前述のとおり、冬の間は気温が下がることで、血行が悪くなりがちです。温かい飲み物を飲むことにより体を温めることで、血行や新陳代謝を良くし、栄養を肌の細胞まで行き渡らせることができると言われています。

これから迎える寒い冬は外と室内で大きな温暖差が生じることは仕方がない事ですので、上手に対策をしていただき肌へのダメージをなるべく与えないようにして冬を過ごしてください。

「目の下くまのケアをするクリア洗顔フォーム」ご注文は今すぐクリック≫

「目の下くまのケアをするクリア洗顔フォーム」ご注文は今すぐクリック ≫