素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

冬の肌トラブルに多いくすみ「冬ぐすみ」の原因と対策

コラム画像

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。2018年がスタートし10日が経ちました。年始の慌ただしさも落ち着き、普段の生活リズムに戻されている時期かと思います。年末年始の疲れが原因で肌の不調を感じる方も多くなる時期です。また、冬の寒さでも肌トラブルが気になる時期でもあり、特に、肌のくすみが気になる「冬ぐすみ」が多くなります。今回はこの「冬ぐすみ」の原因と対策についてご紹介します。

冬に顔がくすみやすくなる理由

肌がどんよりとくすんでいるだけで、老けた印象を与えたり、疲れ気味に見えることがあります。冬に顔がくすみやすくなる理由をご説明します。

冷えによる血行不良が原因

冬は気温が低いことで、体が冷えやすくなっています。冷えることで血行が滞りがちになります。血行が滞ると肌に赤みがなくなり肌色がくすんでしまいます。また、毛細血管から肌に対して栄養分や酸素が十分に供給されなくなるため、肌細胞の動きが悪くなり、新陳代謝もスムーズに行なわれなくなってしまいます。新陳代謝がスムーズに行なわれないことで、ターンオーバーの乱れが起こります。ターンオーバーが乱れると剥がれるはずの古い角質がいつまでも肌にとどまり、角質が厚くなりくすみに繋がります。

乾燥が原因

冬は空気が非常に乾燥しています。また室内も暖房器具の影響で乾燥しているために、常に乾燥した空気に肌が触れています。空気が乾燥することで、肌の潤いが奪われ、角層が剥がれやすくなり、肌のきめが乱れ、肌表面に凹凸ができてしまいます。肌はきめが整っていると表面が滑らかでつるんとしているため、光を均等に反射し美しく見えますが、肌表面に凹凸ができていますと、この凹凸が影となるために、光が乱反射し肌が暗くみえくすんで見えます。

紫外線が原因

コラム画像

冬は夏に比べると紫外線の量は少なくなりますが、冬の間も紫外線は降り注いでいます。紫外線を浴びると肌の防御作用が働くことでメラノサイトが活性化し、メラニン色素が作り出されます。メラニン色素は肌のターンオーバーによって通常は排出されますが、過剰に作り出されたり、ターンオーバーが乱れると、うまく排出できずメラニンが残り溜まることで肌のくすみにつながります。また、夏や秋の間につよい紫外線を受けているとそのダメージが蓄積されています。夏から秋の間にこの肌内部に蓄積したメラニン色素がターンオーバーによってこの時期に肌表面に押し上げられ、くすみの原因になっていることもあります。

冬におこる顔のくすみ解消対策

老けた印象を与えたり、疲れ気味に見えることがあるくすみ肌。くすみのない明るい肌を取り戻すためにこの冬に行なっていただきたい対策をご紹介します。

体を温め血行不良を改善

冬ぐすみの原因の一つに「冷えによる血行不良」がありますが、お風呂で体を温めることによって冷えの改善へと繋がります。血行が良くなると気分もリラックスでき、ストレスの緩和にも繋がりますので、一日の終わりはお風呂でゆっくり体を温める様にしましょう。また、簡単な顔マッサージを行なうこともおすすめします。マッサージを行なうことで血行がよくなり、くすみが気にならなくなることもあります。マッサージを行なう際には、指すべりを良くするためにクリームなどをつけて、くるくると肌をなでるようにやさしくマッサージを行なうことをおすすめします。マッサージを行なう際に力を入れすぎると、肌の摩擦により、くすみが悪化してしまうこともありますので、必ずクリームなどを使い指すべりがよい状態でマッサージを行なうようにしましょう。あわせて、三つの首である首、手首、足首を温める様にしましょう。この三つの首を温めるだけで、冷えが軽減され血行不良を防げると言われています。

ハンドプレスによる丁寧な保湿ケア

コラム画像

冬ぐすみの原因の一つに「乾燥」がありますが、この乾燥対策のためには丁寧な保湿ケアが大切です。保湿化粧水、保湿美容液など、保湿成分を含んでいるスキンケア商品を選ぶこともポイントです。またこのようなスキンケア商品を使用し、保湿ケアを行なう際におすすめなのが「ハンドプレス」です。「ハンドプレス」とは化粧水や乳液を肌につける際にコットンを使用せずに、手のひらと指を使って行なうスキンケア方法です。化粧水や乳液などを手で使用することにより、体温で温められ、肌への浸透力が高まると言われています。「ハンドプレス」を行なう際には、化粧水や乳液をのせた手のひらや指をゆっくりとやさしく、そっと肌に隙間なく密着させましょう。また、ハンドプレスを行なうことで軽いマッサージ効果や血行促進効果なども期待できます。

(ハンドプレスのやり方)

1)手を石鹸できれいに洗い、手を清潔な状態にします。

2)手のひらに化粧水や乳液などのスキンケア商品をのせ、手のひらと指で軽くスキンケア商品を温めます。

3)顔全体にまんべんなくスキンケア商品を広げ、手のひら全体で顔をやさしく包み込むようにしながら、スキンケア商品を肌にやさしく押し込んでいきます。

新年早々、疲れた印象を与えないためにも「冬ぐすみ」対策は大切です。少しの心がけや丁寧な保湿ケアによって冬のくすみは防ぐことができますので、ぜひくすみのない肌になるように意識してケアを行なってください。

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?