素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

「目の下くまのケアをするクリア洗顔フォーム」お客様の声≫

ほうれい線ができる原因と対策

コラム画像

今年は、先週の土曜日1月20日が大寒でした。大寒は「一年のうちで、もっとも寒さがきびしいころ」と言われておりますとおり、寒さが厳しい日が続いています。またインフルエンザも大流行していますので、体調管理にはお気をつけください。男性も女性もですが、年齢を重ねると共に気になるのが口元のほうれい線ではないでしょうか?しっかり刻まれてしまったほうれい線があると、老けた印象を与えてしまいます。できてしまったほうれい線を、完全に消してしまうことは難しいのですが、きちんと対策をとることで、目立たなくすることは可能です。今回はほうれい線ができる原因とできてしまった際の対策についてご紹介します。

「ほうれい線」とは?

ほうれい線は小鼻の脇から唇両端に向かってのびる溝のことで、医学的専門用語では鼻唇溝(びしんこう)と呼ばれています。ほうれい線は、シワではなく頬と口周りの境界線で生まれた時からありますが、若い時は肌に潤いとハリがあるために目立ちません。しかし、年齢を重ねると肌の様々な要因によってはっきりと目に見えるようになります。これは、溝が深くなっているのでなく、頬の皮膚のたるみにより被さりが強くなるために、溝が深くなっている様に見えています。

ほうれい線が目立つようになる原因

ほうれい線が目立つようになるのは、肌のたるみが最もな原因です。ほうれい線が目立つ原因の「たるみ」が起こる様々な原因をご紹介します。

・頬の筋肉の衰えによる「たるみ」
年齢を重ねるごとにお顔の表情筋や肌を支えている筋膜が衰えてきます。衰える事によって、頬の脂肪が下に落ち、かつ重力に負けてたるみがでてしまいます。頬がたるむことによってほうれい線が目立つようになります。

・紫外線の影響による「たるみ」
紫外線を浴びると肌のバリア機能が低下し、外部の刺激を受けやすくなります。また紫外線は肌の真皮まで届きコラーゲンを破壊するために肌の弾力を失わせてしまいます。弾力を失うことによってたるみが生じほうれい線が目立つようになります。

・姿勢による「たるみ」
スマホを日常的に扱うことも多いかと思いますが、下ばかり向いている姿勢や猫背の状態が続くと、表情筋を引っ張る力が減少し、かつ重力により顔がたるむようになり、ほうれい線が目立つようになります。

・むくみによる「たるみ」
皮下組織の脂肪層に水分が溜まることで脂肪が膨張することによってむくみが生じます。この膨張が進むと重さが増すために重力に耐え切れなくなり肌をたるませるようになり、ほうれい線が目立つようになります。むくみの原因は、冷えや塩分、水分、アルコール摂取過多、ホルモンバランスの乱れなどと言われています。

・喫煙による「たるみ」

コラム画像

喫煙が肌に様々なトラブルを与えることはご存知かと思いますが、喫煙することで毛細血管を収縮させるため、血行不良を招きやすくなり栄養を十分に行き渡らすことができなくなります。そのために肌の衰えが早まり、また、体内のビタミンCが破壊されるために肌はハリを保つことが出来なくなってしまい、たるみが生じ、ほうれい線が目立つようになります。

ほうれい線を消すための方法

一度できてしまった「ほうれい線」は完全に消すことは難しいのですが、目立たなくする方法はありますのでご紹介します。

・顔の筋肉を動かす
顔にはたくさんの筋肉があり、その様々な筋肉を動かすことでたるみの改善につながり、ほうれい線が目立たなくなります。毎日の食事の際によく噛んで食べることでもお顔の筋肉を鍛えることができます。ただし片方だけで噛むのではなく両方で噛むようにしましょう。今回、簡単に顔の筋肉を動かすことができる舌回しエクササイズをご紹介します。この舌回しエクササイズは続けることで、ほうれい線だけではなく二重アゴやむくみの解消にもつながります。

(舌回しエクササイズ)

1.姿勢を正しくします。

2.口を閉じたまま舌を歯に沿って左回しにゆっくりと20回行ないます。

3.次に、反対の右回しに20回行ないます。

これを1セットとして3セットを目安に毎日行ないましょう。
最初は20回行なうことが難しい場合は少ない回数からスタートし、徐々に増やしていくようにしてください。

・スキンケアは保湿ケアを
バリア機能が低下することがたるみの原因にもつながりますので、毎日のスキンケアは保湿効果の高いスキンケア商品を使っていただき、角質層の水分保持力をサポートすると共に、バリア機能を強化するようにしましょう。ご自分の肌に合った保湿効果の高いスキンケア商品を選んでいただき、空気が乾燥している時は、たっぷり使用していただくことをおすすめします。

・姿勢を正しく

コラム画像

姿勢が悪いことでほうれい線が目立ちやすくなりますので、姿勢を正しくするようにしましょう。デスクワーク中心の人は定期的にストレッチなどを行なうようにすると共に、姿勢を正すことができるグッズなどを活用することもおすすめします。スマートフォンは下を見ての操作になりがちですが、なるべく目線が平行になるように心がけましょう。

ほうれい線が目立つようになると、見た目の年齢がグッと引き上げってしまいます。また 一度目立つようになるとすぐには解消できませんが、お顔の筋肉を意識して動かすことで鍛えたり、保湿ケアを継続して行なうことでゆっくりですが改善していきます。すぐに効果がでないとあきらめないで継続したケアを行ない、ほうれい線改善を目指しましょう。

「目の下くまのケアをするクリア洗顔フォーム」ご注文は今すぐクリック≫

「目の下くまのケアをするクリア洗顔フォーム」ご注文は今すぐクリック ≫