素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

「目の下くまのケアをするクリア洗顔フォーム」お客様の声≫

透明感のある肌を目指そう

コラム画像

この度の西日本豪雨で被害にあわれた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧・復興ができますようお祈り申し上げます。梅雨明けと共に強い日差しが降り注ぎ、気温が一気に上がりました。この暑さに身体が慣れていないために体調を崩しやすくなる頃でもありますのでお気を付けください。透明感がありみずみずしい素肌は女性の憧れの肌ではないでしょうか?特にこれからの夏の季節は、くすんだ肌よりも透明感のある肌のほうが似合うように思いませんか?透明感があるみずみずしい素肌を手に入れるための方法をご紹介いたします。

肌の透明感とは

肌の透明感というと以前は明確な定義が無かったのですが、2000年に日本化粧品工業連合会効能効果専門委員会によって「透明感のある肌とは、皮膚が透き通ったように見える肌のこと」と提唱されました。わかりやすいイメージでは水分量が多く、みずみずしい肌で、かつキメの細やかな肌ではないでしょうか。

肌の透明感がなくなる「くすみ」

肌の透明感を失わせている原因に「くすみ」があります。くすみができる原因についてご紹介します。

・毛穴の汚れや皮脂が原因
正しい洗顔を行なわないことで毛穴に汚れが残り、くすみが生じることがあります。また、肌にとっては油分も必要です。この油分がバランスよく分泌されるとよいのですが、バランスが崩れ皮脂腺から皮脂が過剰に分泌されると酸化します。この酸化した皮脂が黒ずみ、くすんで見えます。

・古い角質が原因
肌はターンオーバーを繰り返していますが、加齢や肌トラブルなどの理由によってターンオーバーが乱れ、角質が自然と剥がれ落ちずに、古い角質が肌の表面にたまっていくことで、肌がごわつき、くすみへと変わっていくのです。

・紫外線が原因

コラム画像

紫外線を浴びると肌の防御作用が働くことでメラノサイトが活性化し、メラニン色素が作り出されます。肌トラブルがない健康な肌はターンオーバーにより生まれ変わるので、メラニン色素も排出されますが、紫外線を多く浴びたことで、メラニンが過剰に作られてしまった場合は、うまく排出されずに肌の中にメラニンが残ってしまい、くすみにつながります。

・乾燥が原因
肌はきめが整っていると表面が滑らかでつるんとしているため、光を均等に反射するために美しく見えますが、肌が乾燥した状態では、きめが乱れているために、肌表面に凹凸ができています。この凹凸が影となるために、光が乱反射し肌が暗くみえくすんで見えます。また、肌が乾燥すると、肌のバリア機能が低下します。バリア機能が低下すると肌は角質を厚くして、バリア機能を補おうとします。肌の角質が厚いほど肌がくすみます。

・血行不良が原因
疲労、ストレス、睡眠不足、冷え、運動不足などの理由により、血液やリンパの流れが悪くなると、肌の細胞に十分な酸素や栄養などが届かなくなると共に、老廃物の排出も滞り、顔全体の血色が悪くなり、青黒く暗い顔色になりくすんで見えます。

・喫煙が原因
タバコはビタミンCを破壊してしまうため、コラーゲンやエラスチンが作られなくなってしまい、くすみなどの原因になってしまうのです。また、タバコを吸うと、血管が収縮して血流が悪くなることも前述の通りにくすみの原因につながります。

肌の透明感を取り戻そう
少しでも透明感を取り戻したい方はぜひ参考にしてください。

・スキンケアはやさしく
まずは汚れを肌に残さないように洗顔を行ないます。洗顔を行なう際には泡立てネットなどを使ってもこもこの泡を作り、泡でやさしく洗いましょう。モコモコの微細な泡は肌の隅々にまで行き渡り、細かい汚れも落としてくれます。泡で洗わずゴシゴシとこすると、摩擦によってさらにくすみが起こってしまう可能性がありますのでやさしく洗顔しましょう。次に化粧水をつける際には肌に乗せるようなイメージで優しくなじませます。パタパタとパッティングして化粧水をつけると肌への刺激になり、黒ずみやくすみの原因になることがあるので、やさしく肌へなじませてください。乳液やクリーム、美容液をつける時も化粧水と同じく優しく塗りこむようなイメージでつけるようにしましょう。

・バランスのよい食生活

コラム画像

くすみのない肌はターンオーバーが整うことが重要です。そのためには、毎日の食事も大切です。肌のターンオーバーを助けると言われているビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、タンパク質、ミネラル類を意識してとるようにしましょう。また、糖質を1日の摂取量として必要な分以上に摂取すると糖化になり、この糖化もくすみにつながります。糖質のもととなる炭水化物やスイーツなどの甘い物、ジュースなどの摂りすぎには注意していただき、糖質を摂りすぎないようにしましょう。

・紫外線対策を忘れない
この時期は強い紫外線が降り注いでいます。紫外線対策を怠ると、くすみだけでなく乾燥やシミ、たるみなど様々な肌トラブルを引き起こしますので、紫外線対策はしっかり行なうようにしましょう。外に出るときは日焼け止めや日傘、帽子などで対策を行ない、紫外線を浴びすぎないよう心がけましょう。

みずみずしい透明感のある肌を目指すためには、毎日の生活やスキンケアを行なう際にくすみ対策を意識してください。すぐに変化を感じることはできないかと思いますが、継続することで変化を実感できるようになると思います。

「目の下くまのケアをするクリア洗顔フォーム」ご注文は今すぐクリック≫

「目の下くまのケアをするクリア洗顔フォーム」ご注文は今すぐクリック ≫