素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

夏の「ゆらぎ肌」に注意

コラム画像

8月に入っても酷暑の毎日ですが、この暑さはまだまだ続くようです。7月から続いている暑さの影響で体調も崩しやすくなっていますので熱中症対策とあわせて体調管理にもお気をつけください。この暑さの影響は肌トラブルを引き起こす可能性も高く、今回は夏のゆらぎ肌についてご紹介します。

夏のゆらぎ肌とは

季節の変わり目などによく耳にする「ゆらぎ肌」という言葉。季節の変わり目や環境の変化などでいつもと同じスキンケア商品や化粧品を使って肌のお手入れをしているにも関わらず、突然、肌がピリピリしたり、かゆみや乾燥、吹き出物がでるなどの肌トラブルが起きたり、化粧のノリが悪くなるような状態のことを「ゆらぎ肌」と呼ばれています。実は、夏の時期に「夏のゆらぎ肌」ということも多くなっています。これは室内と外の気温や湿度の差が影響していると言われています。

夏のゆらぎ肌の原因

コラム画像

通常「ゆらぎ肌」は、急激な気温の変化などが起こりやすい季節の変わり目や、空気の乾燥や、花粉が飛ぶなどの外部刺激、ストレスなどによるホルモンバランスの乱れが原因で肌のバリア機能の低下や、ターンオーバーの乱れを招くことにより起こると言われています。しかし、夏の間は、一日の中で急激な気温の変化を体感します。一歩外に出ると、酷暑の高い気温と湿度です。いっぽう室内や車内はエアコンの冷房による低い気温と湿度です。今年は特に外に出ると40度近い温度で、室内は25度前後ということもあり、その差は15度程あるということもあり、もっと差が大きい場合もあります。この差=ギャップに対して肌が対応することができずゆらぎ肌になり、バリア機能などが低下、肌トラブルを起こしてしまうようになります。

ゆらぎ肌の改善

・クレンジング、洗顔の見直し
ゆらぎ肌の状態の場合はバリア機能が低下していますので、毎日のクレンジングや洗顔を行なう際にお顔をゴシゴシ洗うことも、ゆらぎ肌をつくる要因にもなります。クレンジング料は指の腹を使ってくるくるとメイクや汚れを浮かせるようなイメージでやさしく肌になじませるようにしましょう。また、洗顔時には、洗顔料をしっかり泡立て、泡に汚れを吸着させるイメージでゴシゴシではなくやさしく洗うようにし、ぬるま湯ですすぎを行ないましょう。また洗顔料の成分によっては、ゆらぎ肌の状態では刺激になることもありますので肌にやさしい成分で作られた洗顔料を選ぶこともポイントです。また、汗をかくために一日に何回も洗顔をしたくなることもあるかと思いますが、洗顔をしすぎると肌に必要な皮脂までも洗い落としてしまいますので、洗顔回数は朝、夜の2回がおすすめで、昼間に汗をかいた時には、清潔なタオルやハンカチ類を持ち歩き、こまめにやさしく拭き取るようにしましょう。

・スキンケアの見直し
今まで使っていたスキンケア用品でも刺激を感じる場合があります。その際には、お使いのスキンケア用品の使用をストップしましょう。肌に刺激を与えると言われている成分などが入っていないかご使用中のスキンケア商品をチェックされ、肌にやさしい成分のスキンケア商品を使用されることもおすすめします。

・徹底した保湿ケア
夏の間は汗をかくことが多いために保湿ケアが疎かになるという方もいらっしゃいますが、肌の表面がべたついて感じられる場合でも、肌の内側は乾燥している可能性があり、エアコンの風によって乾燥していることも考えられます。肌は乾燥すると、潤すために皮脂の分泌を過剰に行ないます。すると過剰に分泌された皮脂により肌の表面がべたつくという悪循環に繋がることもあります。この悪循環にならないためには、バリア機能を強化し、肌の水分量をキープすることが大切ですので、徹底した保湿ケアをすることが大切です。肌の内部にまで保湿成分や美容成分を浸透させるような保湿成分が含まれているスキンケア商品を使用することもおすすめします。

・質の高い睡眠

コラム画像

夜の間も気温が高い熱帯夜が続くと睡眠不足になりがちで、体調が悪くなったり、肌の調子も崩れ、ゆらぎ肌になることがあるとも言われています。睡眠時には「成長ホルモン」が分泌され、成長ホルモンは血流を改善し、新陳代謝を促進させ、免疫力アップにも働きかけていると言われており、肌のターンオーバーにも大きな影響を与えています。眠り始めから約3時間が肌のゴールデンタイムと言われており、このゴールデンタイムに良質な睡眠をとることで、成長ホルモンの分泌が盛んになると言われています。また、睡眠は「量より質」と言われますので、グッスリ眠り良質な睡眠をとることが肌のためにも、そして体のためにもなります。エアコンや冷却ジェルマット、涼感シーツなどを活用していただき、しっかり睡眠がとれるようにしましょう。

今年の夏は例年以上に肌にとっても大きな負担がかかっていると思いますので、夏が終わった秋や冬に肌トラブルを引き起こさないためにも、今の時点でゆらぎ肌対策を行なうことが大切です。上記には紫外線対策は記載していませんが、日焼け止めや日傘、帽子などでの紫外線対策も忘れずに行なうようにしましょう。まだまだ暑い日が続きますので体調を崩されないようご自愛ください。

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?