素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

秋の肌の状態と肌ケアのポイント

コラム画像

秋の気配を感じる過ごしやすい日が続くかと思うと、真夏のような気温の日もありと、気温差の変化も激しい時期です。今年は例年よりも随分早くインフルエンザも流行中とのことですので、体調管理にお気をつけください。また、この秋の季節の肌は夏に受けたダメージにより、安定しない肌環境になり肌トラブルも気になる季節です。夏の疲れ肌をこの時期にケアをすることが大切です。今の時期、秋におすすめの肌ケアをご紹介します。

秋の肌の状態

秋の肌は、夏の間に受けた強い紫外線やエアコンの風による乾燥などによって、バリア機能が低下し肌が疲れ気味の状態になっています。このように疲れた肌は、新陳代謝が鈍くなるため、ターンオーバーが正常に行なわれにくいために、肌のゴワつきやカサカサ感を感じたり、肌のキメが荒くなったり、古い角層が毛穴につまることで吹き出物やニキビなどの肌トラブルが起きやすくなると言われています。またなぜこれらの現象がこの時期に現れるかというと、肌はダメージを受けても、実際にご自分の肌で変化を感じる前に時間差が生じるからです。肌が生まれ変わるターンオーバーは約28日周期と言われています。このターンオーバーにあわせて肌の変化を実感しますので、8月や9月に受けたダメージが、10月になって感じるようになります。

秋の肌ケアポイント

夏に受けたダメージを回復させる時期ですが、これからの季節は、湿度が低くなり、空気が乾燥してくるために、肌も乾燥しやすくなります。ダメージケアとしてバリア機能を回復させるためのケアと共に、肌の潤いを保つためにも、保湿ケアを意識したスキンケアを行うようにしましょう。

角質ケアを優しく丁寧に

コラム画像

秋の肌は、ターンオーバーが乱れがちであることをお伝えしましたが、ターンオーバーが乱れると角質層が厚くなりやすくなりますので、角質ケアを行なう必要があります。角質層が厚くなると、肌がくすみがちになり透明感がなくなります。また、角質層が厚いと水分が肌に浸透しにくく、うるおい不足になります。古い角質は、丁寧な泡洗顔で落とすようにしましょう。肌にやさしい洗顔料をたっぷりと泡立て、肌の上をすべらせるように、優しく丁寧にお顔を洗ってください。角質を落とそうとゴシゴシ洗うと、刺激になり逆に角質が厚くなる可能性もありますので、洗顔は優しくを心がけて下さい。

徹底した保湿ケア

紫外線によってダメージを受けた肌は乾燥気味です。また前述の通り、これからの季節は空気も乾燥してきますので、お肌も乾燥しますので、保湿ケアは丁寧に行なってください。夏の間は化粧水のみという方もいらっしゃるかと思いますが、これからの季節は化粧水の後には乳液やクリームなどで蒸発しないように蓋をするようにしましょう。また、様々なスキンケア商品がありますが、特に保湿ケアに特化したスキンケア商品をご使用いただくこともおすすめです。また保湿ケアを行なっていただく際には、化粧水や乳液、クリームは、気持ち多めに使用して頂くことをおすすめします。ちょっと多すぎたかなと言うくらい使用して、しっかり保湿ケアを行ないましょう。

気温の低下に伴う血行改善

これからは気温も下がってきます。また一日の中でも気温差が激しくなります。気温が下がると、肌の血行が悪くなると言われています。血行が悪いと、肌にとって必要な栄養素が血管の末端まで行き渡らなくなり、ターンオーバーの乱れや様々な肌のトラブルにもつながります。夏の間はついついシャワーですませがちだったかと思いますが、一日の終わりにはシャワーではなく湯船につかるようにしましょう。湯船につかることで血行改善につながります。

バランスの良い食事

コラム画像

毎日のスキンケアも大切ですが、体の内側から整えてあげる事も大切です。その一つに食事があります。美肌に効果的な栄養素は、ビタミンA(βカロテン)、 ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、たんぱく質、ミネラルがあります。このような栄養素を含む食材を使ってバランスの良い食事をとるように心がけてください。「食欲の秋」ですが、暴飲暴食はしないように気を付けてください。

夏に受けた紫外線のダメージがこれからの季節に現れるとご説明しましたが、この秋も夏に比べると紫外線の量は減少していますがある程度の量は降り注いでいます。夏に比べると日差しも弱く、気温も低くなると、紫外線対策についてはついつい忘れがちになるかと思いますが、紫外線対策は秋も行なうようにしましょう。

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?