素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

マスクで肌トラブルが起きてしまった時の肌ケア

コラム画像

暦の上では春を迎えましたが、気温は低く、温かい春の日差しが届くのはもう少し先になるようです。また、インフルエンザもまだまだ猛威を振るっており、マスク姿で出かける人の姿も多くみかけます。また、今年は例年よりも早く花粉の飛散も始まっているようで、花粉症の方にとっては憂鬱でつらい時期がスタートしているようです。花粉症対策、予防の為にマスクを着けている方もこれから多くなるかと思います。しかし、マスクをつけることで肌トラブルが起きてしまったという方も多くいらっしゃいます。マスクを外すことができないけど、肌トラブルが起きてしまった場合の対処法についてご紹介します。

マスクが肌トラブルの原因になる理由

コラム画像

インフルエンザなどのウイルス予防、花粉対策、職業柄マスクをつけてのお仕事、すっぴんを隠すためなど、様々な理由により使い捨てのマスクを使用する人が多いかと思います。マスクをつける理由も様々ですが肌トラブルが起きる原因も様々ですので、まずはご自分がどれにあてはまっているのかを確認してみましょう。

マスクの素材が原因

以前はガーゼマスクが主流でしたが、最近は、不織布を使用した使い捨てのマスクを使用されている方を多く見かけます。マスクには様々な素材があります。ご使用になるマスクの素材が肌に合っていないと肌トラブルを引き起こす場合もあります。例えば、洋服を着た時に素材によってはチクチクと感じたり、化学繊維で肌トラブルを起こしてしまうということと同じような事です。肌トラブルが気になる際には、ご使用されるマスクの素材が肌に合っていない可能性もありますので、他の素材のマスクに変更して様子をみてみるようにしましょう。

マスクによる摩擦が原因

ウイルスや花粉などの侵入を防ぐために、鼻からあご辺りまでを覆うように着用されていると思いますが、そのマスクで覆っている部分でマスクと肌が擦れることにより摩擦を起こします。また、マスクのゴム紐部分が肌に触れる箇所も常に擦れることで摩擦を起こしています。肌にとっては摩擦が刺激となり、肌トラブルを引き起こしていることもあります。また、肌が繰り返し刺激を受けることで、メラニン色素が作られ、そのメラニン色素が増えることにより、触れている部分でシミやくすみ等ができる可能性もあります。

マスクによる蒸れが原因

喉の乾燥、保湿対策のためにマスクをしている方もいらっしゃいます。マスクを着用すると息でマスク内が蒸れ、湿度が高い環境を保つことになりますが、ニキビや吹き出物の原因となる細菌が繁殖しやすい環境にもなります。ニキビや吹き出物ができやすくなったり、すでにできている場合などは、症状が悪化してしまうこともあります。

マスクの汚れが原因

使い捨てマスクを使用されている場合は、どの位で取り換えていますか?何日も使ってから、取り換えていることも肌トラブルの原因です。一度使用したマスクには、表面上は汚れが見えていなくても、汚れや菌などが付着しています。それを何日も使用することで汚れや菌などが肌を刺激し、肌トラブルを引き起こすこともありますので、常に清潔なマスクを使用するようにして、1日1枚は最低でも交換されることをおすすめします。

マスクによる肌トラブルのケア

マスクが原因で肌トラブルが起きた場合には、マスクを使用しないことがベストですが、花粉の飛散状況や風邪の症状がひどかったり、職業柄マスクの着用が必要な場合もあります。そのような方へマスクで肌トラブルが起きた時の対策、ケア方法をご紹介します。

保湿ケアを丁寧に

コラム画像

毎日の肌ケアですが、普段通りのケアに少しだけ優しさを追加し、保湿ケアを意識して行なうようにしましょう。洗顔時には肌を擦りすぎないように、洗顔料をしっかりと泡立て、泡で汚れを浮かせながら丁寧にやさしく洗うようにしましょう。マスクの摩擦で刺激に対して敏感になっていますので、普段よりも優しく泡で洗うことを意識しましょう。次に、化粧水や乳液、クリームで保湿ケアを行なわれると思いますが、マスクが当たりやすい、鼻から頬、口周りは特に保湿ケアを念入りに行なうようにしましょう。マスクをしていると、前述の通り、保湿ができていると思われがちですが、マスクを外すと同時に、マスク内で発生した水蒸気が外にでます。水蒸気が蒸発する際に、それまでマスクの中で水分を保ちふやけたような状態だった肌の水分まで一緒に蒸発するために、実は外す回数が多いほど、乾燥しやすい状態になっています。食事や電話などでマスクを外すことで、乾燥しやすい環境を作っていますので、保湿ケアは丁寧に行なうようにしましょう。

メイクは控えめにし、肌に負担のないスキンケア商品を

肌が敏感になっている時には、日ごろ使用しているスキンケア商品やメイク道具でも痛みを感じたり、赤くなったりと肌トラブルを起こすこともあります。肌が刺激に対して敏感になっていますので、メイクそのものを控えめにして、低刺激の肌にやさしい、負担のないスキンケア商品やメイク道具を使うようにしましょう。

この時期はマスク着用が多くなり、そのマスクが肌トラブルを引き起こしてもマスクを外せないということもあります。マスクによる肌トラブルも保湿ケアが実は重要ということをお伝えしました。空気もまだまだ乾燥していますので、乾燥対策で保湿ケアは行なっていただいていると思いますが、特に口周りの保湿ケアを意識して行なってください。

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?