素肌に()みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

洗顔料を泡立て使うのがよい理由

コラム画像

先日は関東地方で春一番が吹き、また、来週には早い地方では桜が開花するとの予報もあり、いよいよ春を感じる季節を迎えそうです。冬から春への季節の変わり目は肌に様々なトラブルが起こりがちです。特にこの時期は花粉や黄砂、PM2.5などが飛んでいます。帰宅後には、洗顔を行ないこれらを洗い流すようにしましょう。その洗顔を行なう際に重要なポイントは肌にやさしく洗顔をするということです。この季節の変わり目は、肌のバリア機能が低下し、肌が敏感になりがちとも言われていますので、刺激を与えずに洗顔するようにしましょう。肌に刺激を与えずやさしく洗顔する方法が、洗顔料をしっかりと泡立てて洗う泡洗顔です。今回は洗顔料をしっかり泡立てて洗顔する方法が肌にとってよい理由をお伝えします。

洗顔料の泡立てが大切な理由

コラム画像

洗顔をする時に洗顔料を泡立て、その泡で洗顔をしましょうとよく聞かれるかと思います。洗顔料の泡立てが大切な理由についてご紹介します。

・肌の摩擦を防ぎ肌への負担を少なくします

ゴシゴシ洗顔する行為が肌に刺激となり、必要な皮脂や水分まで落とし乾燥肌などの肌トラブルの原因となってしまうと言われています。泡で洗顔をすると肌と指の間に泡が入りクッションの役割を担うことで、直接、指(手)で顔を擦ることが少なくなります。擦ることが減ることで肌への刺激を最小限に抑えることができ、必要以上の皮脂を落とすことが無く洗顔を行なうことができます。肌は触り過ぎることで摩擦が起き、トラブルの原因になりますので、肌に直接触れずに泡で優しく洗顔をするというのはとても大切なことです。

・皮脂や汚れを落としやすくします

洗顔料をそのままの形状で使用しても、肌の奥にある汚れをしっかり洗い流すことができないと言われています。その理由は、洗顔料の泡が汚れを吸着して、汚れを取り去るためです。また、きめが細やかな濃厚な泡で洗うと、泡が肌に接する表面積が増えるので毛穴の奥まで泡が浸透し隅々の汚れまで落としやすくなるといわれています。

濃厚な泡「モコモコ泡」の作り方

コラム画像

キメ細やかで濃厚なモコモコ泡が肌についた汚れや古い角質、皮脂、毛穴の汚れなどを吸着して落としやすくしてくれますので、このような泡を作ることが泡洗顔のなかで大切です。
洗顔料といってもチューブタイプや粉末状タイプ、固形石鹸タイプなどありますが、泡立て方はほぼ同じです。今回はチューブタイプの洗顔料で、キメ細やかで濃厚なモコモコ泡を作るコツをお伝えします。ポイントは「適度な水の加え方」と「空気の巻き込み方」です。

1.手のひらに、汚れやクレンジングなどの油分が残っているとキメが細かい濃厚な泡がつくれませんので、まず手をきれいに洗いましょう。

2.手だけで泡を作ることもできますが、慣れていない場合には時間がかかりますので、「泡立てネット」をご使用されることをおすすめします。また、きめ細かい泡をつくるには、目が細かい泡立てネットを選ぶようにしましょう。

3.乾いた泡立てネットでは泡ができませんので、まず泡立てネットを軽くお湯で濡らし、一度しっかりと水気を切ります。水分が多すぎると、トロトロと垂れる、弾力のない泡になってしまいますので、ネットの水気は切ってください。

4.ネットの中央あたりに洗顔料を適量のせます。洗顔料を揉み、ネットの中に空気を入れるようなイメージで5~6回程擦りあわせ、そこにぬるま湯を数滴加え、また同じように繰り返します。

5.ある程度泡ができたら、一度泡を手で絞り取り、もう一度ネットにつけぬるま湯を数滴加えながら、数回繰り返すと手のひらいっぱいになるくらいの量で、手を逆さにしても落ちない濃厚な泡ができます。

この濃厚なモコモコ泡を顔にのせて洗顔します。その際に、まずは皮脂分泌が多い額や鼻のTゾーンに泡を乗せてくるくると優しく円を描くようにして汚れとなじませます。次に、Uゾーンや頬に泡を乗せていき同じように優しく汚れとなじませます。次に目元や口元など皮膚が薄くデリケートな部分に泡を乗せてここは最も優しく汚れとなじませます。洗顔後は洗い残しがないように丁寧に洗い流すようにします。また、洗顔ネットは使用後はしっかりとすすぎ、泡を洗い流してつるすなどして乾燥させるようにしましょう。濡れたままの状態で放置すると目には見えない細菌が繁殖しやすくなります。細菌が繁殖した状態のネットを次回の洗顔時に使用すると、細菌が含まれた泡を作ってしまうことになり、肌トラブルが起きる可能性がありますので、使用後のお手入れもしっかり行ないましょう。

泡をたてるのが面倒などと泡たてずに洗顔料をそのまま使用し、ゴシゴシと洗顔をしていた方は、ひと手間かかりますが、泡洗顔にするだけで肌の調子が良くなることもあります。洗顔の決め手は、キメの細かいモコモコ泡です。春は肌トラブルが多くなる季節でもありますので、少しでも肌トラブル回避のために、この春のスタートにあわせて洗顔方法を見直していただき、モコモコ泡で肌にやさしい洗顔をスタートしてみてはいかがでしょうか?

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?