素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

美容効果もある朝活スタート

コラム画像

桜前線が北上中です。満開の桜からひらひらと桜吹雪が舞っている地域の皆様や、桜の開花が待ち遠しいという地域の皆様もいらっしゃると思います。桜の下でのお花見は楽しいのですが、この時期は強い紫外線が降り注いでいますので、すぐに日焼けしてしまいます。お花見に行く際には日焼け対策を忘れないようにお願いします。また、4月1日には、新元号「令和」が発表されました。5月1日の新元号スタートとともに何かスタートしたいなと思っている方もいらっしゃるかと思いますが、朝活をスタートされてはいかがですか?朝活は美容にうれしい効果もあります。今回は無理ない程度に早起きして、朝の時間を有効に使ってキレイになるポイントをお伝えします。

朝活って何?

朝活は、朝早く起きて活動をすることです。起きる時間はご自分で決めることができ、起きて行なう行動も決まっているのではなく、自分がしたいことを行ないます。無理せずに自分ができることから行なうようにしましょう。また、早起きするのが苦手だから朝活はできないと思われがちですが、例えば、これまでよりも20分だけ早起きしてその20分の時間で何かを行なうことも朝活になります。無理なく毎日続けることが大切ですので、最初から無理のある時間に早起きしようとせずに、少しだけ頑張ればできるところからスタートされるとよいと思います。慣れてくるとともに、20分前だった早起きが40分前、1時間前と少しずつ起きる時間を早めていき、朝活時間を増やすようにされるとよいと思います。

美容メリットもある朝活の行動

・朝起きたら太陽光を浴びる

コラム画像

朝起きたら、まず太陽光を浴びるようにしましょう。太陽光が目に入ると睡眠ホルモンの分泌がストップするので、脳が目覚め、頭がすっきりするとともに、体内時計が正常に働くようになるそうです。また、太陽光を浴びながら、簡単なストレッチをすることもおすすめします。睡眠時に縮こまっていた身体を大きく伸ばし、血行をよくしましょう。大きく、深呼吸をしながら、両手をゆっくり上に伸ばし、頭の上で組みます。そのまま上にグーっと伸ばし、そのまま左右に数回倒すだけで大丈夫です。寝起きのむくみ対策などにもよいと言われています。

・白湯(さゆ)をゆっくり飲む

コラム画像

就寝中は、気が付かないうちに汗をかいていますので、目覚めたあとに水分補給を行なうようにしましょう。その際に、おすすめなのが健康と美容にいろいろな効果があると言われている白湯です。白湯は、お水を沸かしたお湯を適温まで冷ました状態で、体温と近いためにスムーズに吸収されると共に内臓を温め、目を覚ますことができると言われています。また、代謝が上がることで血流がよくなり、くすみにも効果的と言われています。他にも胃腸をほどよく刺激することでお通じもよくなるとも言われています。

・朝ごはんを食べる

起床から自宅をでるまでの時間がなく、朝食を食べないという方も多いかと思いますが、朝食はその日一日を過ごすためのエネルギー源ですので、ぜひ朝食はとるようにしましょう。少しだけ早く起きることで朝食をとる時間もできると思います。朝は、ビタミンやミネラルを摂取すると、体のだるさを防ぐ効果もあると言われています。旅館の朝ごはんのようなものを作るのは大変だと思いますので、まずはお味噌汁やスープや、果物などだけでも食べるようにしましょう。お野菜たっぷりのお味噌汁などおすすめです。朝食を食べていないと、お腹が空きすぎて昼食時に食べ過ぎたり、急な血糖値の上昇を招くこともあります。朝食を食べることで、昼食の食べ過ぎ防止にもなりダイエット効果も期待できると言われています。

・ラジオ体操などの軽い運動からスタート

適度な運動は、美肌をキープするために必要です。運動不足を朝活で解消したいという方もいらっしゃるかと思います。しかし、朝活を始めた時は、起床時間も少しだけ早くなるだけですので、あまり活動する時間は作れないと思います。しかし少しずつ起床時間が早くなり、上記のようなことをしても時間があれば、ラジオ体操やストレッチ、ヨガなど家のなかでできる運動からスタートしましょう。そして、もっと朝に運動したいという気持ちがでてきたらウォーキングやジョギングを行なうようにしましょう。最初はゆっくりのペースで行ない、長く続けることを目標にしましょう。ラジオ体操だけでも運動不足から解放され、ダイエット効果も期待できます。

美容によいとも言われている朝活ですが、朝活のために無理して、睡眠時間を減らすことはないようにしましょう。睡眠時間が少なくなると美容だけではなく健康にも悪影響を及ぼしてしまいます。人によって必要な睡眠時間は異なりますが、6時間程度は睡眠時間を確保するようにしましょう。また睡眠時間だけはなく質の良い睡眠をとることも大切です。自分にあった睡眠時間などを探していただき、無理なく朝活を続けるようにしましょう。

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?