素肌に()みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

肌の夏老けの原因と改善ポイント

コラム画像

暦の上では秋になり、お盆も終わりましたが、残暑が厳しい日が続いています。夏が過ぎるのは寂しいという思いもあるのですが、猛暑が続くと早く秋の気配を感じたいと思います。熱中症にはまだまだ注意が必要ですので、熱中症対策は引き続き行なうようにしましょう。今夏も猛暑日が続いた暑い夏で、強い紫外線やエアコンの影響による乾燥や屋外と室内の温度差、冷たいものの取りすぎなど、この夏の暑さがお肌へ与えた影響も気になります。実は、肌にとって夏の時期は過酷な季節で様々な影響により肌も体と同じように疲れがたまり、肌を衰えさせてしまうこともあります。今回は、このような肌の状態「肌の夏老け」についてご紹介します。

夏老け肌とは

夏の肌は強い紫外線を浴び、室内に入るとエアコンによる乾燥など過酷な状態にあり、身体と同じように疲れ夏バテしている状態です。そのように夏バテしている肌は、肌が疲れている状態であり、メイクのノリが悪いと感じたり、シワや乾燥、くすみなどの肌トラブルになりやすく、肌が疲れていると、実年齢よりも老けて見えてしまうと言われています。

夏老け肌の原因と肌への影響

肌に疲れを与え、老けさせてしまう主な原因と影響についてご紹介します。

・強い紫外線

紫外線は、シミを作る原因にもなりますが、それ以外にもコラーゲンを断裂し、変性させ、皮膚に深いシワや、肌のハリを支えてくれているコラーゲンなどの弾力繊維を断裂し、シワやたるみの原因にもなります。シワやたるみがあると老けた印象を与えてしまいます。それだけではなく、私達の体には、皮膚の表面に免疫反応で大切な役割を持つランゲルハンス細胞がありますが、紫外線を浴びることでランゲルハンス細胞の免疫機能が弱くなり、免疫力が落ちるために疲れやすくなると言われています。また、太陽からの紫外線に当たると自己防衛をするために体内で活性酸素を発生させています。しかし、活性酸素は多く発生しすぎると正常な細胞まで傷つけてしまうことで疲労物質がたまることにも繋がると言われています。

・エアコンによるお肌の乾燥

エアコンがきいた部屋の乾燥や直接冷風が肌にあたること、外と屋内の急激な温度変化などで肌には大きな負担をかけ、疲労にもつながっています。肌は乾燥することで、肌のバリア機能が衰え、角質細胞が反り返ることで水分が蒸発しやすくなると言われています。それらによって、乾燥した肌はハリがなくなり、シワやたるみができやすくなると言われています。さらにターンオーバーの間隔が長くなり角質が厚くなるため、くすみが目立つようになり、老け顔へとつながってしまいます。

・栄養バランスの乱れ

コラム画像

暑い時期は食欲がわかなく、冷たい食べ物や口当たりが良い食べ物などの偏った食事によって、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養不足が引き起こされることがあります。栄養バランスが乱れることが肌にも大きな影響があります。例えば、タンパク質が不足すると新陳代謝を妨げ、肌のたるみやくすみのもとになり、コラーゲンが不足することでハリやツヤもなくなると言われています。

夏老け肌にならたいための対策とケア

夏老け顔にならないためには、今からのケアが大切です。

・紫外線対策

これまでも紫外線対策については何回もお伝えしてきましたが、夏老け顔に影響が最も大きいのが紫外線です。紫外線はこれからの季節の秋や冬も降り注いでいます。また、紫外線は蓄積により肌にあたえるダメージ量が大きく変わっていきますので、様々な肌トラブル予防のためにも、1年中紫外線対策を忘れないように行なってください。また紫外線対策として日焼け止めクリームを塗る場合には、紫外線を防御するのに必要な量が塗れていなかったり、塗りムラがあると効果が発揮されないことになります。適切な量を塗りムラがないように塗るようにしましょう。特にフェイスラインや、首の後ろ、耳の上などを塗り忘れることが多いので注意しましょう。また、日焼け止めはこまめに塗り直す事が重要です。朝に1度塗っただけでは効果が薄れてしまいますので、3~4時間おきに塗りなおすようにしましょう。お肌だけではなく、唇の紫外線対策も大切です。UVカット効果のあるリップクリームをこまめに塗るなどして唇も紫外線対策を行ないましょう。

・丁寧な洗顔と保湿ケア

コラム画像

日焼け止めクリームをしっかり塗って紫外線対策をしていますので、一日の最後には、日焼け止めクリームやメイクなどを肌に残さないように落とすことが大切です。肌に残ってしまうと毛穴が広がり、黒ずみの原因になってしまいます。クレンジングで丁寧に落とした後は、洗顔料をたっぷり泡だて、べたつきやすい部分は泡でしっかり洗い、乾燥しやすい部分はこすらずに泡をのせるだけにするなど、ご自分のお肌の状態によって洗い分けましょう。洗顔後には、紫外線ダメージやエアコンなどの風を受けた肌が潤うように、丁寧な保湿ケアが重要です。夏はべたつくからと化粧水のみのケアで済ませてしまうという方もいらっしゃるかと思いますが間違えです。逆に乾燥を促してしまっています。丁寧に化粧水をつけた後には化粧水が蒸発しないように乳液やクリームで蓋をするようにしましょう。化粧水やクリームなどは保湿効果があるものを使用されることをおすすめします。

紫外線対策とスキンケアを丁寧に行なうことが、夏老けにストップをかけることにつながります。実年齢よりも5歳も老けて見えるなんてことにならないように、今日から丁寧なケアを心がけてみましょう。

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?