素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

ダイエット&美肌に共通する食生活・生活習慣

コラム画像

梅雨明け宣言とともに強い日差しが照り付け、海やプールへのお出かけに気持ちがいい季節になりました。水着になると思うと気になるのが体についたお肉・・・。今からダイエットを頑張っても遅いかなと思いつつ、ちょっとでもと頑張りたくなるのが女子心です。

前回のコラムで美肌になるための食生活のポイントをお伝えしました。美肌になるための食生活と、ダイエットの食生活には共通点があり、今回は、ダイエットの食生活のポイントとともに共通点をお伝えします。

ダイエット方法は様々

たくさんのダイエット方法があり、テレビ、雑誌などでもよくダイエット特集が組まれています。そして数えきれないほどのダイエット方法があり、流行も時代によって様々です。ダイエット効果も人によって効果があるダイエットもあれば、なかなか効果を実感することができないダイエットもあると思います。最近の流行は、糖質制限ダイエットや酵素ダイエットではないでしょうか。

ダイエットへの第一歩は「腸の環境を整える」

毎日、お通じはありますか?前回、美肌になるためのポイントの際にも腸の環境を整え、お通じがあることが大切であることをお伝えしましたが、ダイエットでも全く同じです。
私たちは口から食べたものを胃で消化し、小腸、大腸で栄養分を吸収し、最後には消化、吸収の残りかすを、便として排泄するというサイクルです。しかし、お通じがないということは、腸内に常に残りかすが留まっている状態です。この便が排泄されずに何日も留まることで、腸の中で便の腐敗が進み悪玉菌が大量に増え、有害物質が発生し、代謝も低下し、痩せにくい体になってしまいます。代謝が悪くなると、脂肪を燃焼しにくくなるからです。
ダイエットに取り組むには、まずは体内から不要なものは排泄、代謝をあげるために腸の環境を整える事から始めてみませんか

ダイエットをして肌荒れにならないように

「1カ月でなんと3kgも痩せました。でも、吹き出物ができて、肌もカサカサになってしまいました。」このようなお話は多く聞きます。ダイエットで痩せてキレイになりたいのに、お肌が荒れてしまうと残念な気持ちになります。そこでダイエット中でも肌荒れにならないような食生活、生活習慣を心がけるようにしましょう。ここに前回との共通点があります。

ダイエットのための食生活・生活習慣

コラム画像

ダイエットといっても様々あります。どんなダイエットでも基本は同じことです。基本となる毎日の食生活・生活習慣を少し意識するだけでも変わっていきます。ダイエットの基本となる5つのポイントをお伝えします。

食物繊維が多い食品を摂取

ダイエット中は食べるものを制限しがちですが、食物繊維の食べ物を食べるように意識してみて下さい。食物繊維は前回のコラムで詳しく説明しましたとおり腸内の善玉菌を増やす食材です。ダイエット中にお通じが悪くなる方もいらっしゃいますが、お通じがあることが大切ですので、善玉菌を腸内で増やしお通じをよくすることを心がけて下さい。

白砂糖よりも自然の甘味料

砂糖は、気が付かないうちに取り過ぎてしまう食品です。ダイエット中も甘いものを口にしたくなると思います。全く口にしないことでストレスになることもあります。砂糖の代わりに自然の甘味料である、はちみつやメープルシロップ、羅漢果顆粒などを使うように意識してみて下さい。

お水をしっかり飲む

前回もお伝えしましたが、私たちの体は最低1.5リットル~2リットルの水を取る必要があるといわれています。水分が不足することで新陳代謝が鈍くなり、お通じが悪くなり、肌荒れの原因にもなるといわれています。 ダイエットのためにもお肌のためにも、そして体のためにもお水をしっかり飲むことを意識してみて下さい。飲み物ならばお水ではなく、コーヒーやお茶でも良いと思われがちですが、お茶やコーヒーはカフェインを含むので利尿作用が高く、水分がカラダから早く出てしまいがちです。体の中をスムーズに行き渡りやすいお水を飲むことを意識してみて下さい。このお水ですが、冷たいお水は体を冷やしますので常温、もしくは白湯をおすすめします。

ダイエット中はゆっくり食事、30回噛む

美肌のポイントでもよく噛んで食べることをお伝えしましたが、ダイエットも同じです。1口で30回以上噛むことを意識してみて下さい。私たちの脳はおなかがいっぱいだと感じるまでには15~20分ほど時間がかかるといわれています。早食いをすると脳が満腹だと感じる前に食べ物を必要以上に胃の中に収めてしまうことになり、食べ過ぎになります。 噛む回数を増やしてゆっくり時間をかけて食べることにより消化・吸収活動が増加することで消費エネルギーの量も違うともいわれています。
ついつい時間がないと早食いになりがちですが、一口で30回噛むことを意識して下さい。またダイエット中は腹八分でおさえるように意識してみて下さい。

お風呂はダイエット&美肌の味方

コラム画像

暑い季節になるとシャワーで済ませてしまおうと思いがちですが、お風呂に入ることはダイエットと美肌の味方です。お風呂でお湯につかることで身体を温める事ができます。身体を温める事により代謝が高まり、より痩せやすい体質を作る事ができます。代謝が高まると、自然に消費するカロリーが増えることになります。また汗がでることで、毛穴が開いて汚れを落としたり、皮脂や老廃物を取り除いたりとお肌にとってよい効果もあります。
お風呂に入ることでリラックス効果もあり、質のよい睡眠をもたらすともいわれています。ついついシャワーで済ませがちですが、一日の最後にはお風呂に入ることを意識してみて下さい。

美肌のポイントは腸を整える事と前回お伝えしましたが、ダイエットも同じことです。またそのための食生活も意識するポイントは同じです。腸の活動をよくするために、食物繊維の食べ物を食べて、食事はゆっくり30回噛むこと、腹八分でおさえ、お水をしっかり飲むということが共通点です。○○ダイエットなどいろいろありますが、このポイントは共通です。まずはこのポイントを意識して、ご自分にあったダイエット方法を探してみて下さい。

梅雨明けとともに強い日差しが降り注いでいます。海に山にとアウトドアを楽しまれる方も多いと思います。この季節は強い紫外線になりますので、日焼け対策、そしてその後のスキンケアをしっかり行なっていただき楽しい夏をお過ごし下さい。