素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

秋のお肌トラブルとスキンケア

コラム画像

秋の深まりとともに過ごしやすい日が多くなりました。しかし、秋は暑い日や涼しい日がある季節のために、気温の変化も激しく、空気も急に乾燥する日があったりと、お肌環境が安定しない時期です。夏に受けたダメージをケアしつつ、安定しないお肌環境もケアをするように心がけてください。

秋のお肌の状態

この季節のお肌は、夏の強い紫外線のダメージやエアコンなどによるストレスを受けて、バリア機能や保湿機能が低下して乾燥しやすく、また疲れた状態になっています。疲れたお肌は、新陳代謝が鈍くなるため、ターンオーバーが正常に行なわれにくい状態です。

紫外線がお肌にあたえるダメージ

紫外線を浴びるとお肌の奥底にあるメラノサイトが、メラニン色素を作り、お肌の免疫機能として、メラニン色素が増殖します。シミやそばかすなどの色素沈着は、このメラニン色素の影響によるものです。夏の間に紫外線を浴び続けたお肌は、メラニンが蓄積し、シミ・ソバカスが出来やすい状態になっています。また、お肌の一番外側にある角質層が紫外線によってダメージを受けることで、保湿機能やバリア機能も低下します。このお肌の保湿機能、バリア機能が低下することで、乾燥、肌荒れ、ニキビ、吹き出物、たるみなどのお肌トラブルを引き起こすと言われています。

湿度が低くなることでのダメージ

夏は湿度が高いのですが、秋から冬は湿度が低くなるため、空気が乾燥するのと同じように、お肌も乾燥しやすい状態です。お肌が乾燥することで、お肌のバリア機能が低下してアレルギー反応を起こしやすくなるとも言われています。また、お肌の乾燥状態が続くと、お肌の防御作用によって、角質層が厚くなってきます。角質層は厚くなればなるほど、お肌がくすんで見えますので、お肌の透明感がなくなってしまいます。

秋のスキンケア

基本的にスキンケアは大きくは変わりませんが、少しだけ意識していただきたいスキンケアと日常生活をご紹介いたします。

丁寧な洗顔で古い角質を落とす

夏のダメージが残るこの季節は、お肌が生まれ変わる周期であるターンオーバーが乱れていることもあります。ターンオーバーが乱れることで古い角質が残っていることもありますので、古い角質は、丁寧な洗顔で落とすようにしましょう。たっぷりと泡立てた洗顔料で、強くこすらずにお肌の上をすべらせるように、優しく丁寧にお顔を洗ってください。また、古い角質の中には、メラニンも含まれているので、くすみ対策としてこの角質ケアは効果的です。洗顔時のお湯の温度ですが、熱すぎるとお肌本来の保湿成分が流れ出てしまいますので、ぬるま湯で洗顔をするようにしましょう。

保湿ケアを念入りに

洗顔後のお肌は、角質層に含まれる水分が蒸発しやすい状態になっています。やわらかいタオルをそっと押し当てるようにやさしく水分をふき取ったら、すぐに化粧水や乳液、美容クリームなどの基本的なスキンケアで保湿対策をしっかり行なうようにしましょう。これからの季節は空気も乾燥してきますので、お肌も乾燥します。保湿ケアは丁寧に行なってください。

お肌の血行を良くする

夏から秋へと季節の移ろいと共に気温も下がってきます。気温が下がることで、お肌の血行が悪くなるために、血行を促進させることも必要です。血行が悪くなると、必要な栄養素が血管の末端まで行き渡らなくなり、お肌のトラブルにもつながりターンオーバーも遅くなります。簡単にできる血行対策としては、蒸しタオルを使った血行対策です。ぬらしたタオルをかたく絞り、電子レンジで1分間温め、人肌に触れても熱くない程度にまで冷まし、お顔にのせてください。電子レンジから出す際やタオルを広げる際にやけどをしないように注意してください。

バランスの良い食事

コラム画像

毎日のスキンケアも大切ですが、体の内側から整えてあげる事も大切です。その一つに食事があります。美肌に効果的な栄養素は、ビタミンA(βカロテン)、 ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、たんぱく質、ミネラルがあります。このような栄養素を含む食材を使ってバランスの良い食事をとるように心がけてください。「食欲の秋」ですが、暴飲暴食はしないように気を付けてください。

良質な睡眠

コラム画像

季節の変わり目は、体がもつ免疫力も下がり気味です。免疫力が下がることによってさまざまな病気にかかりやすくなりますが、お肌にも影響を及ぼします。まず健康の基本ともいえる「睡眠」をしっかりとることも大切です。眠っている間は、細胞の新陳代謝などが活発に行なわれていますので、良質な睡眠は美肌づくりに欠かせないものです。寝苦しい季節も過ぎましたので、毎日、安定した睡眠時間を確保するように心がけてください。

夏にうけた紫外線のダメージについて説明をしました。秋は、夏に比べると紫外線の量は減少しています。 しかし、ある程度の量の紫外線は降り注いでいます。気温が低くなると、紫外線についてはついつい忘れがちになるかと思いますが、紫外線対策は夏場だけではなく一年中行なうように心がけてください。