素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

肌が求めるうるおいを実感 合成界面活性剤フリー「HADAEMI 保湿ローション」

自分の肌質を知っていますか?

コラム画像

日ごとに秋も深まり、特に朝晩は冷え込みも増してきました。これからの季節は空気が乾燥します。空気が乾燥すると、お肌やのどの粘膜も乾燥しがちになり、お肌トラブルや健康面でのトラブルが起きやすくなるので、早めに乾燥対策を心がけてください。また秋から冬へと季節の変わり目である今の時期は、肌質も変わりやすい時期と言われています。この時期にもう一度、ご自分の肌質をチェックしてみませんか?肌質の種類と特徴についてご紹介します。

肌質の種類

コラム画像

肌質は大きく4種類に分けられます。
肌質によってスキンケアの方法も異なりますので、この機会にご自分の肌質の種類を見直してみましょう。

普通肌

ノーマル肌とも呼ばれているこの肌質は、水分量と皮脂量のバランスが良く、お肌トラブルが起きにくいお肌で、肌質の4種類の中で最も肌質が良い状態と言われています。しかし、トラブルが起きにくいとはいえ、季節の変わり目や生活習慣の乱れなどにより、お肌は変化します。水分量と皮脂量のバランスが良いお肌を維持するには、規則正しい生活習慣を送り、スキンケアを欠かさず、お肌の状態をしっかり整えていただくように心がけてください。

脂性肌

オイリー肌とも呼ばれているこの肌質は、皮脂の分泌が過剰になっているお肌で、ストレスや生活習慣、遺伝的要因などによってホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンの分泌が過剰になり、皮脂の分泌も増えると言われています。脂性肌のトラブルといえば、テカり、ニキビ、毛穴の黒ずみなどがあります。脂性肌を改善し、普通肌に近づけるためには、まずは生活習慣の見直しを心がけてください。規則正しい生活習慣を送ることで、ホルモンバランスおよび男性ホルモンの働きが整い、皮脂の分泌もコントロールされるようになります。また、お顔のテカりなどが気になり、1日に何回も洗顔をする人も中にはいらっしゃるかと思いますが、頻繁に洗顔をしすぎると、お顔に必要な皮脂まで取り去ってしまいますので、基本的に、洗顔の回数は朝と夜の2回のみで十分です。洗顔後はしっかり保湿をするように心がけてください。また、この脂性肌は男性に多いと言われています。

乾燥肌

ドライスキンとも呼ばれているこの肌質は、水分量、皮脂量も不足し、また外部刺激からお肌を守るバリア機能も低下している状態のお肌と言われています。乾燥肌の原因は、空気の乾燥やエアコンによる乾燥などの外的要因に加え、ストレス、生活習慣の乱れ、喫煙、間違ったスキンケアなどの影響もあると言われており、乾燥肌改善のためには、生活習慣を整えると共に、洗顔後はすぐに保湿を行なうように心がけてください。また、眠る時は、加湿器などを使い、寝室が乾燥しないようにするなどの工夫を行なってください。

混合肌

お顔の部分によって肌質が異なるお肌のことで、日本人の多くが混合肌と言われています。Tゾーンはテカりがあり、頬は乾燥するという方や洗顔後に一部分だけがつっぱるという方はこのタイプだと言われています。この肌タイプの原因は、脂性肌や乾燥肌と同じようにエアコンによる乾燥、紫外線、生活習慣の乱れなどがありますが、それに加え、ストレスや月経前後などホルモンバランスの乱れなどもあると言われています。また、混合肌の方は、スキンケア商品を選ぶ際に迷われる方もいらっしゃるかと思います。脂性肌の原因の一つに乾燥があるので、乾燥対策重視のスキンケア商品を選ばれたほうが良いかと思いますが、商品のセレクトで不安がある際にはビューティーアドバイザー等にご相談いただくことをおすすめします。

自分でできる肌質チェック

コラム画像

自分のお肌に合ったお手入れを行なうためには、自分の肌質を知ることが大切です。今回は、簡単に自分でできる肌質チェックをご紹介します。肌質チェックは、「正しいスキンケア」のための第一歩です。

1. いつもと同じように洗顔をし、水分を拭き取ってください。

2. お顔に何もつけずに15〜20分程そのままにしておきます。

3. 自分のお肌が下記のどれに当てはまるかチェックしてください。

タイプA:お肌のテカりはなく、しっとりとした感じがある。

普通肌

タイプB:お肌のつっぱり感がなく、全体的にテカりがある(脂っぽい)。

脂性肌

タイプC:お肌のテカりはほとんどないが、お肌がつっぱった感じがある。

乾燥肌

タイプD:お肌のつっぱり感があり、Tゾーンなどにテカりがある(脂っぽい)。

混合肌

あくまでも簡易チェック方法ですので、詳しくお肌の状態を知りたい場合には皮膚科などで相談してください。

自分の肌質を知り、正しいスキンケアを行なっていただくことで、お肌の変化を感じていただけるようになると思います。スキンケアはもちろんですが、規則正しい生活を送ることもお肌にとって大切です。また、肌質は、加齢や季節の変化などでも変わっていきます。ときどき自分の肌質をチェックして、スキンケアを見直されてはいかがでしょうか?