素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

唇のくすみケアポイント

コラム画像

風を冷たく感じ、空気の乾燥も気になる季節になりました。これからの季節は風邪も流行しますので、お気をつけください。先日、唇の乾燥対策をお伝えしました。しかし、唇は乾燥の悩みだけではなく「リップカラーの発色が悪い気がする」「お気に入りの色の口紅を買ったのにうまく色が乗らない」「なんだか唇の色がパッとせず何となく顔色が冴えない」など唇の色に関する悩みもあるかと思いますが、それらは唇のくすみが原因かもしれません。唇のくすみが起きる原因と唇の色を良く見せるポイントをご紹介します。

唇のくすみの原因

唇のくすみには、いくつかの原因が考えられますのでご紹介します。

色素沈着が原因によるくすみ

洗顔時に口紅やグロスを落としたつもりが、しっかり落ちておらず、色素が残った状態が続くことで色素沈着を起こしやすくなります。最近の口紅やグロスは落ちにくいものが多く、洗顔時に強くこすりすぎると色素沈着を起こすこともあります。また、喫煙習慣がある人は、血行不良によるくすみもありますが、たばこのタール成分による色素沈着も招きます。他にも紫外線による刺激なども色素沈着を起こす原因です。

血行不良が原因によるくすみ

コラム画像

唇の皮膚はとても薄いので、血流状態の影響を受けやすいパーツです。唇の血行が良いと赤くなり、血行が悪いと紫っぽいくすんだ色になります。これからの冬の季節は寒いために体が冷え、血管が収縮しがちになるために、血行が悪くなり唇の色がくすみがちになります。

糖質過多が原因によるくすみ

炭水化物や甘い物の食べ過ぎなどにより糖質を摂りすぎると、唇が黄色っぽくなる黄ぐすみや茶色っぽくなる茶ぐすみを引き起こします。唇のくすみを引き起こさないためには食生活にも気を配る事が大切です。

唇のくすみの対処法

自然なピンク色のくすみのない唇を目指すための対処法についてご紹介します。

血行改善のための唇マッサージ

唇の血行が良くなるように唇マッサージの方法をお伝えします。強い力を入れると刺激になってしまいますので、優しい力で行なうようにしてください。

【唇マッサージの方法】

・くるくるマッサージ

1.唇にワセリンや保湿用リップクリームを塗ります。

2.上唇の中心部分から右の口角に向かって、薬指の腹で小さく円を描きながらマッサージします。

3.次に中心から左の口角に向かって同じように薬指の腹で行ないます。

4.上唇が終わったら、次は下唇を同じようにまずは右の口角に向かって行ない、次に左の口角に向かって行ないます。

5.これを1セットとして5セット程行なってください。

・タップマッサージ

1.唇にワセリンや保湿用リップクリームを塗ります。

2.上唇の左の口角から右口角まで、中指の腹で軽く叩くようにタッピングしてください。

3.次に下唇も同じようにタッピングを行なってください。

4.これを1セットとして10セット程行なってください。

クレンジングで口紅を残さない

唇に口紅やリップクリームなどが残っているとそれが蓄積され色素沈着を起こします。洗い残しがないようにしっかり口紅やリップクリームの油分を落とすようにしてください。ただし唇の皮膚はとても薄いため、刺激を与えないように優しく洗うようにしましょう。

【唇のクレンジング方法】

「ポイントメイクリムーバー」を使用されることをおすすめします。

1.コットンを一度水に濡らし、硬く絞り、リムーバーを全体に広げます。

2.中指もしくは人差し指にコットンを巻きます。

3.下唇の右の口角から中心に向かって優しくコットンをすべらせます。

4.次に左の口角から中心に向かって優しくコットンをすべらせます。

5.上唇も同じよう右の口角から中心に向かって、次に左の口角から中心に向かって優しくコットンをすべらせます。

6.上唇と下唇が触れている内側も、優しく拭き取ります。

※コットンが汚れたら途中で新しいコットンに変えてください。

唇の日焼け対策

これまでに何度もお伝えしましたが、唇の皮膚はとても薄いです。そのために日焼けしやすいパーツでもあります。日焼け対策が期待できるリップクリームを使用するなどして唇を紫外線や日焼けから守りましょう。

バランスの良い食事

コラム画像

糖質過多による原因をお伝えしましたが、食事も唇のくすみと関連があります。糖質の摂りすぎや脂っこい食べ物を摂りすぎないようにバランスの良い食生活を心がけてください。

喫煙を控える

タバコの影響で血流が悪くなり唇もくすんでしまいます。禁煙をするのが難しい場合はタバコの量を控えるよう心がけてください。

唇は、視線を集めやすい部分でもあります。これから寒くなると血行が悪くなりがちです。ご紹介したマッサージはワセリンもしくは保湿用リップクリームがあれば簡単にでき、毎日続けられるものです。ぜひ継続して行なっていただき、ピンク色のくすみのない素敵な口元を目指しましょう。