素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

メイク用品のお手入れ

コラム画像

11月も今日で終わり、今年も残り1カ月になりました。早めに大掃除をスタートされる方もいらっしゃると思いますが、大掃除にあわせて毎日使用しているメイク用品のお手入れもぜひ行なってください。メイク道具は、毎日直接お肌に触れているものなので、化粧品の成分だけではなく、皮脂や汗なども付着しています。汚れたメイク道具を使い続けているとメイク道具で雑菌が繁殖し、ニキビや吹き出物などのお肌トラブルの原因になることも考えられます。また、汚れたメイク用品を使うことでメイクのノリも悪くなります。大掃除のこの時期に、ぜひメイク用品もお手入れを行なってください。

メイクグッズ別の洗い方

コラム画像

メイクグッズが原因でお肌トラブルを引き起こさないためには、毎日使用するブラシやスポンジ、パフなどを清潔に保つことが大切です。しかし、お手入れ方法を間違うとブラシやパフなどの形が崩れ、使いにくくなってしまうこともありますので、正しいお手入れ方法をご紹介します。化粧品の成分には油分が含まれているので、水洗いのみでは汚れが十分に落とせないこともあります。その際には洗剤を使うことがポイントで各化粧品メーカーなどが販売する専用のクレンジング剤を使って洗うことをおすすめしますが、ご家庭にある食器洗い用洗剤や洗顔石鹸などの中性洗剤などを使用することも可能です。

メイクブラシの洗い方

メイクブラシは普段からなるべく汚れを残さないように心がけてください。普段は使うたびに、メイクブラシに残っている粉をはたき、その後、ティッシュでブラシの表面を滑らせるようにして汚れを拭くようにしてください。

【洗い方】

1.パウダーブラシやチークブラシは、コームでとかしておく。

2.洗面器やコップなどの容器にぬるま湯を入れ、食器洗い用洗剤もしくは洗顔石鹸をとかす。(200:1の割合)

3.2の中にブラシの筆先を入れ、軽く振って汚れを落とす。

4.流水などで十分にすすぐ。

5.手で軽く筆先を絞り、乾いたタオルなどにブラシの筆先を挟み、軽く押し当て水気をとる。

6.形を整え、風通しのよい場所で陰干しする。

※十分に乾燥しないと、雑菌が繁殖しますので、ブラシの内側が完全に乾くまで干してください。

短時間でブラシをキレイにしたい場合には、水洗いをする必要がなく揮発性が高い無水エタノールを使った洗い方もあります。

【無水エタノールを使ったメイクブラシの洗い方】

1.無水エタノールをカップにブラシ先が3分の1ほど浸かるくらい入れる。

2.1の中でブラシを振って汚れを落とす。

3.ブラシについた水分をティッシュで拭き取る。

4.ブラシ部分を指で軽く押して、水分がにじまなくなるまで拭き取る。

※無水エタノールを使用する場合は、換気しながら行なってください。

メイクスポンジ・パフの洗い方

スポンジやパフは、もっとも汚れるメイク道具です。スポンジやパフは面が広いので常にキレイな部分を使うように、こまめに洗い、清潔な状態を保つようにしましょう。

【洗い方】

1.スポンジやパフにぬるま湯をたっぷりと含ませる。

2.食器洗い用洗剤もしくはクレンジング剤を適量つける。

3.優しく手もみ洗いをする。

4.ファンデーションの色が出なくなったら、流水で十分にすすぐ。

5.軽く絞り、乾いたタオルなどにスポンジやパフを挟み、軽く押し当て水気をとる。

6.通気性が良い場所で乾かす。

※十分に乾かしてください。スポンジやパフを洗う目安は、3~4日に1回ほど、最低でも1週間に1回は洗う事をおすすめします。

ビューラーのお手入れ方法

ビューラーも、ファンデーションやアイシャドウなどで汚れがたまりやすいので、使うたびにティッシュなどで綺麗に拭くようにしましょう。また、除菌効果のあるウェットティッシュを使うのもおすすめです。ティッシュで拭くだけでは汚れがなかなか落ちない場合には、ポイントリムーバーなどをティッシュにつけて磨くようにしてください。

コラム画像

メイクに使うブラシやスポンジ、パフは洗うと乾くまでに時間がかかるため、なかなか洗えないこともあるかと思います。毎日使うメイク道具ですので、替えを持っているとお手入れもしやすくなります。また、最も汚れるスポンジですが、洗うのがどうしても面倒という方は、ドラッグストアや100円ショップでたくさん袋に入っているスポンジが販売されていますので、全面が汚れてしまったら新しいものに交換する方法もあります。

メイク道具のお手入れとあわせて、メイクポーチも汚れていないか確認してください。メイクポーチの内側はファンデーションやアイシャドウなどの粉がこぼれて、汚くなっている場合もあります。メイク道具のお手入れの際に、ポーチの内側の汚れをチェックし、汚れている際には汚れを拭き取ったり、洗える素材のポーチの場合は手洗いをするなどしてポーチもキレイに保つよう心がけてください。