素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

肌が求めるうるおいを実感 合成界面活性剤フリー「HADAEMI 保湿ローション」

冬のお肌トラブルとスキンケア

コラム画像

今年も残り数日となりました。年末・年始を控え、何かと慌ただしく過ごされていることと思います。外に出ると、木枯らしの風が身に染みます。また空気も非常に乾燥していますので火の元、火の取り扱いにも注意してください。この冷たい北風と空気の乾燥によりお肌トラブルが多くなるのもこの季節です。冬に多いお肌トラブルとスキンケア方法をご紹介します。

冬のお肌の状態

コラム画像

この季節は、気温だけでなく湿度も非常に低く乾燥する季節です。また暖房器具などを使用することで、お部屋の中も乾燥した状態になっています。お肌にとってベストな環境は湿度が60%~65%の状態と言われていますので、冬の乾燥はお肌に大きな影響を与えています。

乾燥がお肌にあたえるダメージ

いつもは気にならないのに冬になると、お肌がカサカサになる、粉をふいたようになる、かゆくなるなどのお肌トラブルで悩む方が増えます。これらのお肌トラブルの原因は「乾燥」です。空気の乾燥と共に気温が下がることで汗がでにくくなります。お肌の皮膚の表面には汗線からでた汗と、皮脂腺から分泌される皮脂が混ざり合ってできた「天然クリーム」と言われている皮脂膜で覆われていますが、冬は汗の分泌が少ない事からお肌を保護してくれる天然クリームが不足した状態になります。天然クリームである皮脂膜がない状態は、お肌が無防備となり、角質層の保湿機能やバリア機能も低下し、お肌の水分を保つ力も失われることで乾燥などのお肌トラブルを引き起こすと言われています。

気温低下がお肌に与えるダメージ

気温が下がることで毛細血管が収縮し、血液の流れが悪くなります。血流が悪くなることで酸素や栄養分を十分に届けることができず、お肌のターンオーバーが乱れます。ターンオーバーが乱れることでバリア機能が低下し、お肌は乾燥状態になります。また血流と共にリンパの流れも悪くなるので、体に老廃物がたまりやすくなり、お肌トラブルの原因に繋がります。

冬のスキンケア

冷たい北風や暖房器具などによる乾燥で、冬のお肌はダメージを受けています。お肌トラブルが起きやすい冬の季節を上手に乗りきるために意識していただきたいスキンケアと日常生活をご紹介いたします。

洗顔料をチェック

乾燥が気になるこの季節は、オイル系の洗顔料よりもクリーム系の洗顔料を使用されることをおすすめします。オイル系の洗顔料は洗浄力が高くスッキリ落ちますが、急激にお肌の水分も乾燥していきます。クリーム系の洗顔料は、オイルよりも洗浄力は低いのですが、洗顔後にお肌の水分が乾燥する速度はオイル系よりもゆっくりですので、この季節はクリーム系の洗顔料をおすすめします。

洗顔後のケアは早急に

洗顔後のお肌は、角質層に含まれる水分が蒸発しやすい状態になっています。時間がたてばたつほど、化粧水のお肌への浸透率は低くなりますので、できるだけ早く化粧水や乳液、クリームなどの基本的なスキンケアを行なうようにしましょう。また化粧水は手でつけることをおすすめします。手を使いお肌をやさしく押さえるイメージでお顔全体に化粧水の成分が浸透するようになじませください。ポンポンと叩くような化粧水のつけ方は、お肌を痛める可能性があるのでおすすめしません。やさしくお肌に触れてください。

部屋の湿度をあげる

部屋の湿度は60%~65%程度が理想と言われていますが、冬は空気が乾燥しており、また暖房器具などを使用することで、湿度が10%程度まで下がることもあります。部屋の乾燥を防ぐためには加湿器の使用をおすすめします。また、濡れたタオルや洗濯物を部屋に干すことも、部屋の湿度を上げますので、寝る時に寝室に干すことで睡眠中の乾燥を防ぐこともできます。

タンパク質とビタミン群を摂取

コラム画像

毎日のスキンケアと合わせて食事も重要です。乾燥するこの季節には、保湿によい食材をぜひ意識してとっていただきたいと思います。お肌の保湿力をキープするためには、タンパク質とビタミン群の摂取を意識してください。タンパク質をとるのにおすすめの食材は大豆です。納豆や豆腐、豆乳などを積極的に食べてください。またビタミン群の摂取としては緑黄色野菜を意識して食べる様にしてください。また、この季節の旬といえば「みかん」です。みかんにはビタミンCだけではなくクエン酸やペクチンなど、お肌にも良い成分が豊富に含まれているので、お肌によい手軽に食べられる果物としておすすめです。

冬の季節の乾燥はお肌にとって天敵です。乾燥が引き起こすお肌トラブルは、しわやたるみの原因になることもありますので、しっかりとケアを行ない、お肌を乾燥から守りましょう。
2016年も残り僅かになりました。毎年この時期なると思うのですが、1年はあっという間ですね。皆様にとってこの1年はいかがでしたか?私にとってはとても有意義な1年だったと思います。来年も皆様のお役に立てる美容情報をお伝えしていきたいと思います。来年もよろしくお願いします。良いお年をお迎えください。