素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

鼻の周りなどに白い角栓ができる原因と対策

コラム画像

気温が高い日が続き、春の熱中症に注意しましょうというニュースを耳にします。春の熱中症は、急激な気温の変化や夏に比べて体が暑さに対応できていないために起こりやすいそうです。水分摂取などをこまめに行なってください。また紫外線も降り注いでいます。熱中症対策とあわせて紫外線対策もしっかり行なうようにしましょう。洗顔を行なった後に、鏡をみると鼻の周りなどに白いポツポツとしたものがあることに気が付くことはありませんか?この白いポツポツしたものが気になるという方も多くいらっしゃいます。この白いポツポツしたものは「角栓」です。今回はこの白い角栓についてご紹介します。

角栓とは

毛穴に詰まった皮脂や角質のことを「角栓」といいます。角栓が溜まり酸化すると「黒い角栓」ですが、角栓が剥がれきれずにでてしまっている状態が「白い角栓」です。角栓ができる原因は、肌の乾燥やクレンジング不足によるメイクの洗い残し、不規則な生活習慣、ストレスなどでこれらは肌のターンオーバーを乱す原因と重なります。

角栓が目立つ理由

コラム画像

角栓は、肌のターンオーバーの過程で誰もが出来てしまうものです。肌が健康な状態でターンオーバーが正しく行なわれていると自然に剥がれ落ちていきます。しかしターンオーバーがうまく行なわれないと、剥がれずに残り、そこにさらなる角質が加わることで、角栓は大きく成長し、目に付くようになります。また角栓は水を含むことで膨らむために洗顔後などに目につくようになります。

間違った角栓ケア

角栓が目に付くと、取りたくなるのが心情だと思います。しかし、毛穴パックや角栓とり器具、ピンセット、爪などを使って角栓を取り除く行為はおすすめできません。強引に角栓を取ろうとすると、肌はその刺激に対して自己防衛が働き角質細胞を作るようになります。また、毛穴が開いた状態のままなので毛穴に汚れがたまり、毛穴が詰まりやすくもなってしまうという悪循環になります。また、スクラブ入りの洗顔料でゴシゴシ洗うと、その刺激により余計に皮脂を分泌してしまい、角栓は一時的にとれたように思いますが、白い角栓を作る環境を作ってしまうことにもなります。

白い角栓対策のためのお手入れ方法

白い角栓が気になる場合のお手入れ方法をお伝えします。難しい事ではありませんので参考にしていただき、つるつる肌を目指してください。

・丁寧にやさしくクレンジング
メイク用品は油分を含んでいる商品が多いため、洗い残しがあると角栓の原因になりますので、メイクはきちんと落とすようにしましょう。メイクを落とすためにと強く肌をこすると刺激になり逆効果ですので、やさしくゆっくりと丁寧にクレンジングは行なうようにしましょう。洗顔をするからとついつい手抜きになりがちなクレンジングですが、メイク用品に含まれる油分はしっかりとクレンジングで落とすようにしましょう。

・ホットタオルで毛穴を開く
クレンジングでメイクを落とした後に、顔にホットタオルをのせて毛穴を開き、角栓を柔らかくして洗顔時に角栓がとれやすい状態を作るようにしましょう。ホットタオルの影響で顔が温かくなるため、血行が良くなります。血行がよくなると肌の新陳代謝を高めることにもつながります。

・泡でやさしく洗顔
汚れを落とそうとゴシゴシ洗ってしまうと、強い刺激や摩擦の影響で角質が傷つき、肌のターンオーバーの乱れを引き起こす可能性があります。洗顔は洗顔料をしっかりと泡立てて、肌に直接ふれずにたっぷりの泡でやさしく洗うようにしましょう。また小鼻の周りなども洗い残しがないように丁寧に洗いましょう。

・保湿をする
肌が乾燥すると、ターンオーバーが乱れるために古い角質が残りやすくなります。洗顔した後は乾燥しやすい環境ですのですばやく保湿を行なうようにしましょう。また、白い角栓が気になる小鼻や小鼻の周りは乾燥しやすいパーツでもありますが、ついついお手入れが手薄になりがちなパーツでもあります。洗顔後に化粧水をしっかり浸透させたら、乳液やクリームなどで水分の蒸発を防ぐようにしましょう。また保湿ケアをする際に、肌に浸透させようと強くこすってしまったりすると、摩擦や刺激で肌を傷つけてしまう可能性がありますので、やさしく押さえるようになじませましょう。

コラム画像

洗顔や保湿などのケアを行なうと共に、毎日の生活の中で角栓ができにくいようにターンオーバーのサイクルを整えることも大切ですので、バランスの良い食事、睡眠をしっかりとる、適度な運動を行なうなど生活習慣を見直すようにしましょう。生活習慣を整えることは、肌トラブルの回避につながります。新しい生活がスタートした方も少しずつ落ち着いてくる頃かと思いますので、生活習慣も一度見直していただき、角栓のないつるつるした肌を目指しましょう。

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?