素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

「目の下くまのケアをするクリア洗顔フォーム」お客様の声≫

日焼け止めによる肌トラブルの原因と対策

コラム画像

5月にも関わらず夏日のように暑い日もあり、例年よりも早く衣替えを行ないました。強い日差しは肌に様々な影響を与えますので、紫外線対策、日焼け対策を行ないましょうとこれまでもお伝えしています。しかし、日焼け対策で日焼け止めを使うことで、乾燥したり赤くなったりと肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。今回は日焼け止めによる肌トラブルの原因と対策についてご紹介します。

日焼け止めとは

コラム画像

サンスクリーン剤とも呼ばれており、皮膚に当たる紫外線をブロックし、日焼けを予防するための製品でクリーム状、乳液状、ジェル状などの商品があります。この日焼け止め(サンスクリーン剤)には主要成分として「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」があり、これらを単独もしくは組み合わせて用いられています。「紫外線吸収剤」は、紫外線を自ら取り込み、それを別のエネルギーに変えることで肌への紫外線の侵入を防ぐもので、「紫外線散乱剤」は、肌の表面で微粒子が紫外線を散乱させてはね返し、皮膚への侵入をブロックするものと言われています。

日焼け止めによる肌トラブルの原因

原因としていくつかご紹介しますので、ご自分にあてはまるものがないかご確認いただければと思います。

・肌が敏感な状態
肌が敏感な方は、様々なものに過敏に反応してしまうために日焼け止めに含まれている成分に反応して肌トラブルを起こす可能性があります。日焼け止めの主成分として「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」があるとお伝えしましたが、「紫外線吸収剤」は肌の上で化学反応を起こしているために、日焼け止めとしての効果は高いのですが肌への刺激が強く、肌への負担も大きいと言われています。

・洗顔不足
日焼け止めはきちんと洗い流すことが重要です。日焼け止めが洗い流されずに肌に残ってしまうと、毛穴が日焼け止めによって詰まってしまうことになります。毛穴に詰まるとニキビや黒ずみの原因になり、日焼け止めの成分に肌の潤いが奪われることで、肌が乾燥しやすくなると言われています。また、日焼け止め専用のクレンジングなどもありますが、洗浄力が強いために、肌に刺激となり肌トラブルを引き起こす可能性もあります。

・塗り足りない
日焼け止めを満遍なく塗ったつもりでも、塗れていない部分があるとその部分は、紫外線をあび、日焼けをすることで、肌トラブルを引き起こしている場合もあります。また、一度塗っただけで塗り直しをしていない場合も、日焼け止めが汗などでとれてしまい、日焼けしてしまい、日焼け止めの影響ではなく肌トラブルを引き起こしている場合もあります。

・用途の違い
日焼け止めにはUV−A波の防止効果を表す「PA」が表示されており、UV−B波のカット効果を表す「SPF」が表示されています。目安としては下記のようになっていますが、日常生活などでPAやSPFが高い商品を使用するとそれだけ肌への負担にもなります。

(目安)

・炎天下でのレジャー、海水浴など PA+++~++++、SPF30~50+

・屋外での軽いレジャーやスポーツ PA++~+++、SPF20~40

・日常生活、買い物、散歩など  PA+~++、SPF10~20

また、「顔用」「ボディ用」など使う場所に応じても商品が販売されています。顔とボディでは皮膚が違いますので、違う用途の商品を使うことで肌に刺激を与え、肌トラブルを引き起こす可能性もあります。

日焼け止めで肌トラブルを起こさないための対策

・保湿対応
日焼け止めに含まれている成分に負けない肌を作ることもポイントです。また、日焼け止めを使用することで乾燥もしがちになりますので、日焼け止めを塗る前に丁寧にスキンケアをすると同時に、日焼け止めを落とした後も保湿対策を行なうようにしましょう。

・適量使用
日焼け止めは多く塗ったからといって効果が強くなることはなく、逆に肌への負担になりますので、適量を塗るようにしましょう。また、場合によってはこまめに塗り直しを行なうほうがベストなこともありますので、必要に応じてこまめに塗りなおすようにしましょう。

・肌への負担がすくない商品を選ぶ
ご自分の肌の状況に合わせて肌に負担をかけないような低刺激タイプの日焼け止めを選ぶことも肌トラブルを起こさないポイントになります。肌が敏感になっている場合は特に配合されている成分を確認していただき肌に負担がかからないタイプの商品を選びましょう。

・丁寧な洗顔
日焼け止めはきちんと洗いながして、肌に残らないようにしましょう日焼け止めが肌に残ると肌に大きな負担をかけます。まずはクレンジングで丁寧に落とし、その後にやさしく洗顔し、肌に日焼け止めが残ったままにならないようにしましょう。

コラム画像

これからますます日差しが強くなり、紫外線もより降り注ぐようになります。日焼け止めは紫外線対策、日焼け対策に便利な商品ですが、肌トラブルを引き起こす可能性もありますので、使用する際には記載の説明を読み、ご自分の肌にあった商品を選ぶようにしましょう。また、日焼け止めを使用するだけではなく、紫外線にあたらないように長袖を着る、日傘をさす、帽子をかぶる、アームカバーをはめる、サングラスをするなどで日光をさえぎることもおすすめします。

「目の下くまのケアをするクリア洗顔フォーム」ご注文は今すぐクリック≫

「目の下くまのケアをするクリア洗顔フォーム」ご注文は今すぐクリック ≫