素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

「目の下くまのケアをするクリア洗顔フォーム」お客様の声≫

顔の下半分に老けが出る原因は「たるみ」

コラム画像

6月も残り数日となりました。早いもので今年も半分が過ぎもう折り返しです。また、梅雨の真っ只中で、しとしととした冷たい雨が降りしきる日や強い日差しが降り注ぎ真夏を思わせるような日があったりとお天気が変わりやすい日々が続いております。気温の変化や湿度の変化で体調を崩しやすい季節ですのでお気をつけください。花粉症やインフルエンザや風邪が流行する時期も過ぎ、マスクをつける機会も少なくなったと思います。マスクなしで鏡を見ていて「あれ?老けた?」と感じることはありませんでしょうか?マスクをしていると顔の下半分は隠れていて見えないのですが、マスクを外すとお顔全体が見えます。顔が老けて見える原因として、顔の下半分が大きく関係し、たるみが影響しているかもしれません。

たるみにより老けて見える原因

顔には様々なパーツがありますが、特に頬やあごのラインや口もとなどの顔の下半分がたるむと老けた印象に見えるようになると言われています。なぜ顔のパーツにたるみが起こるのでしょうか?

・表情筋の衰えによるたるみ
顔を動かすために顔全体に表情筋があります。この表情筋は皮膚や脂肪を支える役割も担っています。加齢によって表情筋が衰えることもありますが、もともと表情筋は筋肉が薄いために意識的に動かさないとすぐに衰え皮膚や脂肪が垂れ下がり、たるみを引き起こすと言われています。毎日の生活の中で表情を豊かにするとお顔の筋肉は動きますので、口を大きく開けてお話ししたり、笑ったり意識して口角を上げたりするようにしていますか?表情豊かであると無意識に顔の筋肉を動かしていることになります。また、柔らかい食べ物ばかりを食べ咀嚼することが減ると、表情筋の動きが少なくなります。食事の時には意識して咀嚼の回数を増やし、顔の筋肉を動かすようにしましょう。

・顔の脂肪増加によるたるみ

年齢を重ねると新陳代謝が落ち、脂肪が増えると言われていますが、脂肪は身体だけではなく顔にもつきます。また顔の脂肪は身体についた脂肪に比べると落ちにくく、特に顔の中でもアゴの下などは脂肪がつきやすいパーツと言われています。顔についた脂肪は重力に逆らえなくなり、下へ下へとさがって最終的には顔のたるみの原因となってしまいます。頬からあごにかけてのラインが顔の中では最も脂肪が厚い部分と言われていますが、この部分の皮膚が支えきれずに下がってくるとフェイスラインのたるみで二重あごに繋がります。

・肌の弾力性低下によるたるみ
皮膚は、3つの層(表皮・真皮・皮下組織)で構成されており、この中で真皮の部分が肌のハリや弾力に関わっています。真皮には肌のハリや弾力にとって必要な成分であるコラーゲン繊維やエラスチン繊維、ヒアルロン酸を作り出す線維芽細胞があります。これらの成分が減ると肌のハリや弾力が失われ、肌は重力などの影響を受けやすくなり、次第に下垂し始めたるみが生じてしまうと言われています。この肌のハリや弾力にとって大切な成分が減る原因は加齢もありますが、外的要因もあります。

(紫外線が原因)

コラム画像

紫外線はシミやシワの原因だけではなくタルミの原因にもなります。紫外線のUV-Aは線維芽細胞がある真皮層にまで届きダメージを与えるためにコラーゲンやヒアルロン酸などが減ってしまいます。

(乾燥が原因)

肌の表面になる角質層には、天然保湿因子(NMF)と細胞間脂質があり、肌のうるおいを保っていますが、肌が乾燥すると、肌内部の成分も水分も十分に保つことができなくなり、線維芽細胞にダメージをあたえることでハリや弾力にとって大切な成分に影響を与えます。

(活性酸素)

私たちが取り込む酸素のうちの数%は活性酸素になると言われており、免疫力を維持し体内に侵入した細菌やウィルスなどの外部の刺激から細胞を守るためのもので、体にとっては味方になり、この程度では問題はないと言われています。しかし、活性酸素が体内で、増えすぎると真皮層のコラーゲン繊維やエラスチン繊維、ヒアルロン酸を作り出す線維芽細胞にも攻撃し、細胞にダメージを与えることもたるみの原因の一つと言われています。

・姿勢の悪さによるたるみ

コラム画像

顔のたるみの原因のひとつに「姿勢」があります。最近ではスマホを日常的に扱うことも多いかと思いますが、スマホを見ている時の姿勢はどのようになっていますか?下を向いて猫背になっていませんか?その姿勢もたるみを引き起こす原因と言われています。猫背の姿勢は顎が前に突き出ているような状態なので、首の前部分が縮んで顔の筋肉が下に引っ張られ、下方向への力を加え続けるために「たるみ」を生じさせます。またスマホを見ている時だけでなく、デスクワーク時や家でテレビを見ている時、移動中など無意識に猫背になっていることはありませんか?猫背などの悪い姿勢がクセになっていると、皮膚や顔の筋肉へ影響を与え続け、たるみを悪化させていきますのでついつい楽な姿勢を取りがちですが、自分の姿勢を意識してみてください。

たるみの影響でシワも増えることになります。特に顔の下半分にたるみやシワなどが増えると見た目年齢がグッと上がり老けて見えてしまいます。今回はたるみの原因をご紹介しましたので、自分の毎日の行動を確認してください。次回はたるみ解消をご紹介します。

「目の下くまのケアをするクリア洗顔フォーム」ご注文は今すぐクリック≫

「目の下くまのケアをするクリア洗顔フォーム」ご注文は今すぐクリック ≫