素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

冬の乾燥が与える影響と乾燥対策

コラム画像

大寒を迎え、冬の厳しさが一段と増してくる時期です。今年は雨が少なく、空気も非常に乾燥していますので、お肌のケアだけではなく、火の元、火の取り扱いにも注意してください。また、この時期は年末年始の疲れも出てくる時期でもあり体調を崩しがちになると共に、インフルエンザが全国的に猛威を振るっています。栄養のあるものを食べて、しっかり睡眠をとり、厳しい寒さの時期を元気にのりこえましょう。今回は、空気の乾燥が与える影響についてご紹介します。

冬に空気が乾燥する理由

コラム画像

この季節は、気温も湿度も非常に低く乾燥する季節です。なぜ、冬は乾燥するのでしょうか?私たちの周りにある空気には目には見えませんが、水分が含まれています。この空気中に含まれている水分が少なくなるので、湿度が下がり乾燥します。では、なぜ空気中の水分が少なくなるのでしょうか?冬になると、シベリアの方で発生した-50℃にもなる季節風が日本に吹きます。この冷たい季節風は、日本の中でも日本海側の地域に大雪を降らせる原因となっています。その季節風はそのまま山を越えて太平洋側へと流れていきますが、日本海側の地域で雪や雨などで空気中に含む水分を排出しているために、太平洋側に吹く時には水分を含まない乾燥した空気になっています。よって太平洋側の地域の空気は水分を含んでいないために、乾燥しています。日本海側の地域と太平洋側の地域では、冬の乾燥に関しては差があります。また暖房器具を使用することで、外だけではなく、お部屋の中も乾燥した状態になっています。自然の摂理では、気温が高くなると空気が含むことができる水分量も増えていき湿度もあがります。しかし、エアコンなどの暖房機器には水分を供給する機能がないために温度だけが高くなっても、実際には水分がない状態なので湿度は上がることはなく、むしろ下がっていきより乾燥した状態を作ることになります。適度に加湿器などで保湿するということは、この水分を提供するということになります。

乾燥が肌にあたえる影響

空気が乾燥していることで、肌からも水分が抜けやすくなってしまうと言われており、また 寒いことにより血行が悪くなりがちです。血行が悪くなると代謝が低下するために、ターンオーバーの周期も乱れると言われています。また、空気が乾燥するこの季節は気温も低いので汗をかくことも少ないかと思います。肌の皮膚の表面には汗線からでた汗と、皮脂腺から分泌される皮脂が混ざり合ってできた「天然クリーム」と言われている皮脂膜で覆われていますが、汗の分泌が少ない冬の時期は肌を保護してくれる天然クリームが不足した状態になります。天然クリームである皮脂膜がない状態は、お肌が無防備となり、角質層の保湿機能やバリア機能も低下し、お肌の水分を保つ力も失われることで乾燥などの肌トラブルを引き起こすと言われています。乾燥はさまざまな肌トラブルを引き起こしてしまいます。

冬におすすめの乾燥対策

冬の季節の乾燥はお肌にとって天敵です。乾燥が引き起こすお肌トラブルは、しわやたるみの原因になることもありますので、しっかりとケアを行ない、お肌を乾燥から守ることが大切です。

・加湿器を使用

コラム画像

前述の通り、室内の空気の乾燥を防ぐためには、適度な水分が必要です。暖房器具を使用する場合には、加湿器を併用し、適度に水分を放出しながら気温もあげていくようにしましょう。空気の乾燥は肌だけではなく喉や鼻の粘膜にも影響を与えます。喉がイガイガするようなことがある時は空気が乾燥しているのでないでしょうか?乾燥によって、喉や鼻の粘膜が乾くとウイルスに抵抗する力が弱くなり、インフルエンザなどの感染症を引き起こしやすくなると言われています。元気に過ごすためにも加湿器と暖房器具をあわせて使用されることをおすすめします。加湿器がない場合には、コップなどに水をいれて置いておいたり、濡らしたタオルを部屋にかけたりするだけでもよいでしょう。

・入念な肌の保湿ケア

乾燥している冬の季節はより入念に保湿ケアを行なうようにします。その際には保湿成分が入った化粧水やクリームなどを使用されることをおすすめします。保湿クリームは水分蒸発を防ぐと共に、乾燥の影響で失われた肌のバリア機能の代わりに、肌を守る役割を果たしてくれます。また毎日の洗顔ですが、熱いお湯で洗顔をすると、乾燥の原因になるとも言われていますので、乾燥対策をしているはずが逆効果になることもあります。洗顔はぬるま湯で行なうようにしましょう。そして、しっかり汚れを落とそうと時間をかけてじっくり洗うと、肌に必要な皮脂やセラミドなどの保湿成分まで取り除いてしまうため、短時間で力を入れずにやさしく洗うようにしましょう。洗顔後の肌は、角質層に含まれる水分が蒸発しやすい状態になっています。時間がたてばたつほど、化粧水のお肌への浸透率は低くなりますので、できるだけ早く化粧水や保湿クリームをつけるようにしましょう。毎日のケアを少しだけ丁寧にすることで肌を乾燥から守ることができます。

乾燥は肌だけではなく、病気を引き起こすこともあります。空気の乾燥を防ぐことはできませんが、室内の加湿や肌の保湿は自分でできます。まだまだ空気が乾燥した時期が続きますので、保湿ケアをぜひ行なっていただき乾燥を少しでも緩和しましょう。

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?