素肌に()みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

春の肌トラブルとスキンケア

コラム画像

各地から「桜の便り」が届く季節になり、春の訪れを感じるようになりました。しかし、「花冷え」という言葉がある通りここ数日は冷え込んでおり、お花見には厚手の洋服が必要になっています。気温の寒暖差で体調を崩しやすい季節でもありますので、お気をつけください。春の季節はこのような寒暖差だけでなく、様々な環境の変化も多い時期ですので、自律神経が乱れがちになり肌トラブルに繋がることもあります。今回は、そんな春におすすめのスキンケアのポイントをご紹介します。

春の肌の状況とは

冬の冷たい北風が吹く季節から、少しずつポカポカした陽気に包まれる季節になるこの時期は、朝晩の気温の差や前日との気温差が大きい日も多く、肌の水分と油分のバランスが乱れがちで肌も不安定になりがちです。また冬の間の乾燥によるダメージが蓄積されていることもあり、肌のバリア機能や保湿機能が低下しているとも言われています。この春の肌に与える様々なダメージの原因についてご紹介します。

増えてくる紫外線

気温も低いので紫外線の影響は少ないだろうと思われがちです。しかし、この時期から紫外線量は増えていきます。冬の間はあまり日差しを受けず過ごしてきた肌は、紫外線に対して無防備な状態ですので、紫外線に対して敏感になっています。お花見やお散歩など気持ち良い季節ですが、紫外線対策を怠ると様々な肌トラブルを引き起こすことになります。

激しい寒暖の差

寒暖の差が激しいと肌は環境の変化に追いつくことができず、ターンオーバーが乱れがちになります。また気温は上がってきても、湿度は低いのがこの時期の特徴でもあります。湿度が低いということは冬と同じように空気が乾燥している状態ですので、肌内部の水分が空気中に蒸発しやすい状態です。また、気温が高くなっても夏ほどではないので皮脂量もまだ少ないので、冬と同じように肌は乾燥しやすい状態です。

環境の変化によるストレス

コラム画像

春は生活環境が大きく変化する方も多い季節です。生活環境が変化することでストレスを感じることも多くなります。ストレスを感じることで自律神経も乱れがちになり、体のホルモンバランスも乱れます。体内のバランスが乱れると、肌の免疫力や肌の代謝が低下することにつながります。肌の免疫力や代謝が低下すると、肌がもつバリア機能が乱れ、敏感になるために肌トラブルが起こりやすくなります。

花粉や黄砂が飛散

スギ花粉は落ち着いてくる時期ですが、次はヒノキ花粉の飛散が始まります。また、花粉だけではなく黄砂やP.M2.5なども飛んでいます。これらが、肌につくと肌トラブルを引き起こす原因になります。また体内に入り込むことで、花粉症などのアレルギー症状が発症します。花粉症は、目のかゆみやくしゃみなどだけでなく肌の炎症が悪化することもあると言われています。

春に行なうスキンケアのポイント

春の肌は、冬の間の乾燥により肌のバリア機能が低下しています。そこに様々な外部刺激や内部刺激があることで大きなダメージを受け、様々な肌トラブルを引き起こしますので、この時期に行なうスキンケアのポイントを紹介します。

洗顔で汚れを落とす

前述のとおりこの時期は花粉や黄砂などが飛散していますので、マスクなどで予防していても肌にはつきます。このような肌への刺激物を取りのぞくために、帰宅後は早めに洗顔を行ない、汚れを落とすようにしましょう。また、洗顔をする際には、汚れを落とそうとゴシゴシと洗うと逆に肌トラブルを引き起こします。冬の乾燥の影響で肌はバリア機能が低下しているため、少しの刺激でも肌にダメージを与えます。洗顔時は、強く擦らず洗顔フォームを泡立てて作った泡でやさしく洗うようにしましょう。強く擦るから汚れが落ちるということではありません。必要な皮脂まで落としてしまうことにつながりますので、泡洗顔でやさしく丁寧に洗うようにしましょう。

すぐに保湿ケア

洗顔後の肌の状況は、角質層に含まれる水分が蒸発しやすい状態ですので、時間がたてばたつほど、化粧水の肌への浸透率は低くなると言われています。洗顔が終わったらできるだけ早く、化粧水、乳液、クリームなどで保湿ケアを行なうようにしましょう。またこれらを肌につける際に、パタパタと叩いたりすると刺激になり、肌トラブルを引き起こすことになりますので、手のひらを使って肌をやさしく押さえるイメージでお顔全体にスキンケアの成分が浸透するようになじませましょう。化粧品を選ぶ際には保湿成分が含まれているかチェックしていただき、保湿効果の高い化粧品を使用されることもおすすめです。

忘れない紫外線対策

コラム画像

日差しが弱いと思い紫外線対策を忘れてしまうと、あっという間に日焼けしてしまいますので、日焼け止めクリームや帽子や日傘などで紫外線対策はしっかり行なうようにしましょう。

桜の下でのお花見などこの時期にしかできないことも楽しみ、ぜひ春を満喫していただきたいと思います。そして帰宅後には、洗顔、保湿ケアと基本のスキンケアを丁寧に行なうように心がけてください。

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?