素肌に()みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

効果を出すための半身浴のやり方

コラム画像

そろそろ梅雨明けになりそうですが、雨の日が多い7月です。真っ青な青空が待ち遠しいですね。夏になると、湯船につからずにシャワーですませてしまうという方も多くなるかと思います。エアコンの影響で実は体は冷えていることもあり、一日の疲れをとるためにも、夜には湯船にしっかりとつかることをおすすめします。また、その湯船につかる入浴時間をデトックスタイムとして活用しませんか?今回は夏にこそおすすめの半身浴の方法をご紹介します。半身浴を行なうことで美肌効果やダイエットなどにいいと言われていますが、間違った方法をしてしまうと、せっかくの半身浴も効果が期待できなくなります。効果を引き出す半身浴の方法をご参考にしていただき、半身浴をしながら身体と心がリラックスする入浴タイムを過ごしていただきたいと思います。

半身浴で期待できる効果とは?

温かいお風呂につかるだけでもリラックス効果や血流改善などの効果はありますが、半身浴を行なうことで期待できる効果をご紹介します。

血行促進により冷え性改善

じっくりと体の芯から温まりますので、全身の血行が良くなる効果があると言われています。血行がよくなることで冷え性の改善にも役立つようになります。

むくみの改善

全身の血行が良くなることで、リンパの流れもよくなります。そのことで、体内の余分な水分や老廃物を汗と一緒に体外に出すことができ、むくみの改善効果があると言われています。

デトックス効果

コラム画像

夏は自然と汗をかくと思われがちですが、この暑くてでる汗そのものからは老廃物はそれほど出ていないと言われています。半身浴を行ない、ゆっくりと体の芯から温めることで、質の良い発汗を促すようになります。また、エアコンの影響により汗腺の機能が衰え老廃物などを排出しにくい体質になりがちと言われていますので、半身浴を行ない、ゆっくり汗をかくことで汗腺を鍛えることができ、体内の有害物質や毒素、脂肪などの排出を行ないやすくなり、デトックス効果があると言われています。

美肌効果

ゆっくり体をあたためていくので、じんわりと汗をかくことで毛穴が開きます。毛穴が開くことで毛穴に詰まっていた余分な皮脂や汚れが落ちやすくなり美肌効果があると言われています。

疲労回復効果

ぬるめのお湯にゆっくり入る半身浴は、副交感神経が優位になるために、疲労が取れやすくなると言われています。

痩せやすい身体になる効果

半身浴は一気に汗を出して体重を落とすものではなく、ゆっくり身体を温め、血行が良くなり、老廃物がたまりにくい、巡りのよい、代謝がよい身体にすることで痩せやすい身体にする効果があると言われています。代謝がよくなることでダイエットにも繋がります。

効果を出すための半身浴のやり方

様々な効果があると言われている半身浴ですが、効果をだすための半身浴の方法をご紹介します。

食事直後や飲酒後は行なわない

食後は胃腸が動いていますので、そのタイミングで半身浴をすると胃腸の働きが悪くなり消化不良の原因にもつながりますので、食事後1時間ほどあけてから半身浴を行なうようにしましょう。また、飲酒をされている場合に半身浴を行なうことは危険ですので、飲酒をした場合には半身浴は行なわないようにしましょう。

入浴前に水分補給を

コラム画像

汗をかきやすくするために、入浴の30分~40分ほど前にコップ1杯の水を飲むようにしましょう。このお水は常温のお水や白湯がおすすめです。

浴室内は温かく

浴室内の温度が低い場合は上半身が冷えてしまい、汗がでにくくなりますので、湯船のフタを開け湯気で浴室内をあたためるようにしましょう。

湯温は38度程度で湯量はみぞおち目安

お湯が熱すぎると体の表面のみしか温まらず、また心拍数が上がり体に負担がかかりますので、38度ほどのややぬるめのお湯にしましょう。また、お湯の量は、みぞおち辺りまで浸かることができる量にしましょう。

浸かる部分にまずかけ湯

半身浴は全身浴と違い、浴槽内のお湯の量は少ないのですが、かけ湯をせずにそのまま入浴すると、血圧が一気に上がってしまいますので、心臓から遠い足先からかけ湯を行ない、浴槽内でお湯に浸かるみぞおち部分まで順番にかけ湯をしてから湯船に浸かるようにしましょう。かけ湯をする際に、上半身にお湯がかかると、半身浴中に体が冷えてしまう可能性もありますので注意しましょう。上半身が濡れている場合は、タオルで身体を拭きましょう。

入浴時間は20分~30分

半身浴に適した時間は、その人の体質などもあり人それぞれですが、あくまで目安の時間としては20~30分と言われています。じんわりと汗をかき始めたら身体が温まったことになりますので、無理して20分以上入ることもありません。また、長く入るほど良いというわけではありません。

途中で水分補給も

入浴前にコップ1杯ほどの水分は補給していますが、汗をかくと脱水症状を起こすこともあるので、途中で水分補給を行なうことができるように500mlのペットボトルなどでお水を用意しておき、意識して水分補給を行なうようにしましょう。冷たいお水ではなく常温のお水がおすすめです。

夏の室内は、エアコンで寒いくらいに冷え、冷たい食べ物や飲み物を摂取しがちなので、実は、身体は冷えています。そこで、一日の最後に身体の芯から温まることができる半身浴の時間を使って、リラックスしながら、1日の疲れをとっていただきたいと思います。週に1回からでもよいので、まずは始めてみませんか?

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?