素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

肌が求めるうるおいを実感 合成界面活性剤フリー「HADAEMI 保湿ローション」

お肌のお悩み別アプローチTrouble Approaches

ハリ不足やたるみが起きる原因

ハリ不足 たるみ

ハリがある肌=たるみがない若々しい肌です。
そのためハリが失われ、たるんだ肌は実際の年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。

ハリ不足※1たるみ※2が起きる大きな原因は「加齢」ですが、他にも様々な原因が加わるため、早めに対策を行なってるかどうかで年齢を重ねるごとに大きく個人差が出ます。

原因と対策を知っていただいた上で、早めの対策を心がけましょう。

ハリ不足やたるみが起きる原因

〜紫外線〜

日常生活で降り注いでいる紫外線「UVA波」が肌にあたると真皮まで到達してしまい、肌のしなやかさ、ハリ、弾力を保つ役割をしているコラーゲン線維やエラスチン線維を変性させてしまうためハリ不足※1たるみ※2の原因となります。

〜表情筋の衰え〜

顔全体にある表情筋。この筋肉が皮膚や脂肪を支えていますが、元々筋肉が薄く、意識的に動かさないとすぐに衰えてしまうため皮膚や脂肪が垂れ下がり、たるみ※2を引き起こします。

※1 ハリ不足とは?
ハリ不足とは、皮膚の「真皮」という部分に存在する肌のしなやかさ、ハリ、弾力を保つ成分「コラーゲン線維」「エラスチン線維」「ヒアルロン酸」が不足している状態を指します。

※2 たるみとは?
たるみとは、皮膚の「真皮」という部分に存在する肌のしなやかさ、ハリ、弾力を保つ成分「コラーゲン線維」「エラスチン線維」「ヒアルロン酸」が不足し、フェイスラインやほうれい線、目元、口元など顔全体にできる大きなひだのことです。

対策

1.正しいスキンケアを行なう

クレンジングや洗顔時に肌をゴシゴシと擦ったり、化粧品をつける時に肌に刺激を与えるようなつけ方をしてしまうと肌のバリア機能が壊れてしまいます。
紫外線から肌を守るためにバリア機能は不可欠です。バリア機能を壊さないために、クレンジングをする時は、メイクに優しく馴染ませて落とすようにしましょう。洗顔は多くても1日2回までとし、たっぷり泡立てたキメの細かい泡で手が肌に触れないように優しく洗い、30〜35度前後のぬるま湯でしっかり洗い流してください。その後のスキンケアはなるべく早く行なうようにし、化粧水やクリームをつける時は、肌に摩擦や刺激を与えないようにするため優しく押さえるように丁寧につけましょう。

2.一年を通して日焼け止めを使用する

お伝えした通り、紫外線のダメージが肌内部の真皮まで到達してしまうと、コラーゲン線維やエラスチン線維を変性させてしまいます。
紫外線は季節や天候を問わず、一年中降り注いでいますので、日傘、帽子、手袋などを使い、極力紫外線を浴びないよう心がけていただき、外出する際は必ず日焼け止めを使用しましょう。

3.表情筋を鍛える

口元や目元の表情を作った時に表情筋の収縮を繰り返すことが原因で起こるフェイスラインのたるみ※2におすすめしたいエクササイズです。

【1つ目】

・顔を上に向けて、口を大きく開き、思い切り舌を出した状態を20秒キープする。

 これを3セット繰り返してください。

【2つ目】

・顔を上に向けて、顔全体の筋肉を動かすイメージでゆっくりと「あ・い・う・え・お」と大きく口を動かす。

 これを3セット繰り返してください。

やり初めは顔やファイスラインが筋肉痛になることもありますが、続けることが明日の肌を作ります。毎日続けることを心がけてください。

ハリ不足やたるみに関するよくある質問

Q:たるみ※2が気になりだしてから始めても効果はありますか?

A:個人差はございますが、表情筋を鍛えるエクササイズは効果が期待できるかと思います。エクササイズと合わせて、正しいスキンケアや紫外線対策を行なっていただくことにより、よりたるみにくい肌を目指しましょう。

Q:早くたるみ※2を解消したい場合、表情筋のエクササイズを1日に何度も行なう方がいいですか?

A:いいえ。表情筋を動かすとその上の皮膚も一緒に動きますが、皮膚を引き延ばしすぎると真皮の中に存在している肌のハリや弾力を保つコラーゲン線維やエラスチン線維が変化してしまい、逆効果になる可能性があります。1日にたくさん頑張るよりも、毎日欠かさず続けていただくことがポイントです。

コラーゲンやヒアルロン酸の働きをサポートし、 ハリのあるお肌へ導いてくれる保湿成分