素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

肌が求めるうるおいを実感 合成界面活性剤フリー「HADAEMI 保湿ローション」

このようなお悩みをもつあなたへYour Troubles

なかなか肌がキレイにならないとお悩みのあなたへ

なかなか肌がキレイにならないとお悩みのあなたへ

毎日スキンケアをしっかり行なっているにも関わらず
「最近肌の調子が良くない」
「化粧のノリがイマイチ…」など
なかなか肌がキレイにならないとお悩みの方が たくさんいらっしゃいます。

どうしてなのでしょうか?

それは肌自体が本来持っている力“素肌力”が低下しているからかも知れません。

自然の草木が何らかの要因で元気がなくなっても、自ら回復しようとする力があるように人の肌も自ら調整しようとする力、美しくなろうとする力が本来備わっています。

しかし、肌が乾燥することにより、肌本来の力、すなわち“素肌力”は著しく低下してしまいます。

では、乾燥はなぜ起きてしまうのでしょうか?

以下のようなことが原因で乾燥は起きると言われています。

1.間違ったスキンケア

毎日行なっているスキンケア。
しかしそこには大きな落とし穴が潜んでいる可能性があります。

・クレンジングや洗顔時に肌をゴシゴシと擦る

・熱い(35度以上の)お湯で洗い流す

・タオルでゴシゴシ拭く

・化粧品をつける時に肌をパチパチたたきながらつける

上記のように肌へ刺激を与えてしまうと、肌を守る役目の肌表面が傷つき、必要な皮脂が洗い流され、肌内部の水分も蒸発してしまうため乾燥を引き起こしてしまいます。

2.紫外線※1

紫外線※1はメラニンを生成させ、シミやくすみの原因を作る以外にも肌内部の構造を壊し、水分保持力を低下させてしまいます。

紫外線※1が強いと言われる春や夏だけ日焼け対策を行なっているという方も多いのですが、肌が黒くなったり、シミができないからと言って安心せず、外に出る際は必ず日焼け対策を行なうようにしましょう。

3.ストレス※2

ストレス※2によって、ホルモンバランスが乱れたり、活性酵素※3が多量に発生します。

女性ホルモンの一種「卵胞ホルモン(エストロゲン)」は肌の水分保持に欠かせないホルモンでコラーゲンを増やしたり、水分を保持する働きがあります。
そのため、ホルモンバランスが乱れ、卵胞ホルモン(エストロゲン)が減少すると水分保持力が低下します。

また、活性酵素※3が多量に発生してしまうと、肌細胞を酸化させてしまうため細胞の老化が進み、水分を保てなくなった肌は乾燥してしまいます。

4.不摂生な生活

睡眠中に肌のターンオーバーを促進させる「成長ホルモン」が分泌されます。ターンオーバーが行なわれる際、肌をみずみずしく保つために必要なセラミドが生成されるため、成長ホルモンの分泌が減るとターンオーバーが正常に行なわれず、肌は乾燥してしまいます。

また、偏った食事で肌の保湿に必要な栄養素が不足することも乾燥につながります。

このように、知らず知らずの内に日常的に行なっている様々なことが原因で素肌力は低下してしまいます。

素肌力が低下しないように、助けて維持することで、肌の調子が整い、健やかで美しい肌を育むことができるのです。

これまで頑張ってスキンケアを行なってきたあなたとあなたを一生懸命支えてきた肌。

HADAEMIはそんな頑張るあなた様と肌をずっと応援し、お力になりたいと考えています。

※1 紫外線とは?
紫外線とは、太陽から放出される太陽光線です。
紫外線A波(UV−A)、紫外線B波(UV−B)、紫外線C波(UV−C)と大きく3つに分類され、地表に届く紫外線のうち9割が生活紫外線と言われるUV−A、残りの1割がレジャー紫外線と呼ばれるUV−Bです。最も有害だと言われているUV−Cはオゾン層で吸収されるため地表には届かないはずですが近年オゾン層破壊によりUV−Cの地表到達が懸念されています。

※2 ストレスとは?
ストレスとは、外的要因や内的要因など様々なことが影響し、心身に負荷がかかった状態のことを指します。
「肉体的ストレス」と「精神的ストレス」の大きく2つに分けられますが、どちらも健康だけでなく肌にも大きな影響を及ぼします。

※3 活性酵素とは?
活性酵素とは、酵素は体にとって必要不可欠なものです。
しかし様々なことが原因で体内で変質し、体に悪影響を及ぼすものに変化してしまった状態の酵素のことを活性酵素と呼び、活性酵素は細胞を酸化させる(体をサビさせる)原因となります。