素肌に咲みを

0120-86-8083 0120-86-8083 (通話料無料)

10:00〜12:00、13:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)

洗顔からすっぴん美肌をめざしたい方へ まずはお試ししてみませんか?

このようなお悩みをもつあなたへYour Troubles

毛穴の開きや黒ずみが気になるとお悩みのあなたへ

毛穴の開きや黒ずみが気になるとお悩みのあなたへ

年齢とともに毛穴の開きが気になり、毎日しっかり洗顔しているのに毛穴の黒ずみもなかなかキレイにならないといったお悩みは多くの方が抱える肌トラブルの一つだと思います。

毛穴とは一体どのような役割をしているのでしょうか?

毛穴の奥には皮脂腺という皮脂を分泌する器官があり、その皮脂腺から皮脂が分泌されます。
分泌された皮脂は汗と混ざり合い、皮膚の常在菌※1などに分解されることで、肌表面に皮脂膜が作られます。その皮脂膜が肌の水分の蒸発を防いだり、外部の様々な刺激から肌を守る役割をしています。
また、毛穴には立毛筋という筋肉があり、この立毛筋を使い毛穴を閉じることで血管を収縮し、体温調節を行なったり、汗や皮脂と共に体内の溜まった老廃物を排出する役割も担っているのです。

このように重要な役割を持つ毛穴ですが、次のような要因で毛穴の開きや黒ずみの原因になると言われております。

毛穴の開き・黒ずみ

皮脂の過剰分泌

洗顔のしすぎや保湿不足などによって肌が乾燥すると、乾燥を補おうと皮脂が過剰に分泌されます。
皮脂が過剰に分泌されることで皮脂の出口である毛穴が大きく開いてしまいます。
また、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まることも毛穴の開きの原因となり、その毛穴に詰まった皮脂が酸化すると黒くなるため「毛穴の黒ずみ」になってしまいます。

乾燥

肌が乾燥することでバリア機能が低下し、キメが乱れ、凸凹になり、毛穴の開きが目立つようになります。同時に毛穴がつまりやすい状態を作ってしまい黒ずみの原因にもつながります。

毛穴の開き

加齢に伴う肌のたるみ

肌にハリを与える成分であるコラーゲンやエラスチンなどが加齢によって減少するため、たるみが生じるようになり、重力によって皮膚が引き伸ばされて毛穴が広がります。

ニキビの痕

ニキビをつぶしてしまったり、ニキビの炎症によりダメージを受けた部分がクレーターのようになり、毛穴が開いたままの状態になると言われております。

毛穴の黒ずみ

メラニン色素

紫外線など外的刺激から肌を守るために作られるメラニンが毛穴の周りに過剰に作られることで、肌表面にメラニン色素が蓄積し、黒ずみやシミになります。
また、メラニン色素は紫外線だけでなく、肌への摩擦でも作られてしまいます。

産毛

短い産毛が毛穴の中に埋まっており、産毛が黒ずみのように見えていることもあります。

毛穴の開きや黒ずみの改善として「皮脂を取り過ぎないこと」、「しっかり保湿を行なうこと」が共通して大切だと言えます。

また、脂肪分を多く含む食品や甘い物を摂り過ぎると皮脂の分泌を増やし、毛穴が開く原因にもなりますので、バランスのよい食事を摂るようにしましょう。
そして、新陳代謝※2を活性化させる成長ホルモン※3をしっかり分泌させるために良質な睡眠をとることも大切です。

スキンケアを行なう際は下記のようなことにお気をつけください。

・クレンジングや洗顔時にゴシゴシと肌を擦らない

・洗顔をする際は、しっかり泡立てたたっぷりの泡でやさしく洗う

・洗顔後はなるべく早く化粧水やクリームをつけ肌を保湿する

・化粧水やクリームをつける時は優しく押さえるように丁寧につけ、肌の上で摩擦がおきないようにする

HADAEMIでは洗顔時の摩擦を軽減できるよう洗顔料の“泡立ち”や“濃密な泡”、またスキンケアの“保湿”にこだわり、透明感のある美しい肌を目指すあなた様のサポートをさせていただきます。

※1 常在菌とは?
人の体の様々なところに存在する微生物のことです。
体の部位によって数百種類の常在菌が存在し、私たちの健康を保ってくれていますが、何らかの原因で過剰に増殖したり、均衡状態が崩れると体に様々な悪影響を及ぼします。

※2 新陳代謝とは?
古くなった細胞と新しい細胞が周期的に入れ替わる現象のことです。
生活習慣の乱れや運動不足、睡眠不足などによって周期が乱れると体調不良や肌荒れなど、様々な不調が現れます。
新陳代謝を活性化させることで本来の力が正常に働き、体や肌を健やかで美しく保つことができます。

※3 成長ホルモンとは?
正式名称を「ヒト成長ホルモン(hGH)」といい、脳下垂体から分泌されるホルモンの一つです。
成長ホルモンは骨や筋肉、各組織の成長を促進する作用や新陳代謝を活発にし、体細胞の修復と再生する働きがあり、若さや健康を保つために重要な役割を担っています。